婚活を行っている年齢層は?婚活サービス別に徹底解説

婚活お役立ち情報

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

未婚化や晩婚化が進んでいる今日、結婚する年齢が昔と比べだいぶ上がっていますが、実際に婚活を始める年齢層はどのくらいなのでしょうか?

 

「婚活ブーム」ともいわれている現代、様々な婚活サービスが世の中にあります。婚活を始める年齢が遅くても大丈夫なのか?自分に合ったサービスはどのようなものがあるか?など、婚活を始めるにあたって不安を抱えている人も少なくありません。

 

今回の記事では婚活サービスごとに、利用者年齢層や特徴を紹介していきます。

 

【結論】20代後半~30代前半が圧倒的多数!

【結論】20代後半~30代前半が圧倒的多数!

 

やはり結婚適齢期とも言われる20代後半〜30代前半が圧倒的に多いです。結婚というと、大人としての知識や経験も必要とされるので、20代前半だとまだ早い…そう思う人が多いことから、この年齢が適切だと思われます。

 

20代では結婚願望の第一の波が押し寄せ、華やかな理想の結婚を思い浮かべます。30代では第二の波が押し寄せ、今度は焦りを感じます。このように同じ結婚願望でも、願望の先に感じる感情は年齢で大きく変わります。実際にこの年齢層が多い理由を、3つ紹介していきます。

 

 

なぜ20代後半~30代前半が多いのか?【3つの理由】

なぜ20代後半~30代前半が多いのか?【3つの理由】

 

みんな【適齢期】を考え、本格的に婚活に動き出す。それもフットワーク軽く動けるのが、この20代後半〜30代前半なのです。婚活において、男性は圧倒的に若さを求めます。つまり、女性も早めに動かなければ、需要がなくなるということをわかっているのです。

 

また、結婚に至るまでには出会い→交際→結婚と段階を踏まなければいけないので、逆算して「結婚したい年齢」の2年前ぐらいから動く人が多いようです。

 

①20代前半に十分恋愛を楽しんだ

若いうちに遊んでた人ほど、意外と早く結婚しませんか?恋愛を十分楽しんだ人達です!年齢的に20代後半〜30代前半では、まだまだ自然な恋愛も期待できるはず。

 

ですが20代前半に、十分恋愛を楽しんだ人たちは、「そろそろ落ち着きたい」という願望とともに本格的に結婚相手を探し始めるのです。

 

恋愛と結婚を分けて考える人も多く、トキメキやロマンチックな展開より現実重視になり、しっかり理想の条件に当てはまる相手を探すため、婚活を始めます。

 

こうした人たちは目的がハッキリしており、「まだ遊びたい」などという浮ついた考えもないので、比較的早くゴールインすることが多いです。

 

②【あの子も結婚…】周りの結婚に焦り始める

これは環境にもよりますが、20代半ば頃になると、周りの人たちから結婚の話が頻繁に飛び交うようになります。結婚の波は2回ほどあり、波に乗る人と乗らない人がはっきり分かれます。

 

若いうちの結婚を見ると「遊べなくなるのは嫌だな」と思い、もう少しもう少しと先延ばしにしますが、いざ周りが結婚し出すと「置き去り感」が表れ、焦りを感じ始めるのです。

 

それに社会人になると昔ほどの交友関係がなくなり、結婚して子供を産んだ人達は「ママ友」という新しいコミュニティを創り始めます。遊ぶ友達がいなくなった時、自分にもパートナーが欲しいと思うようになります。

 

③真剣に将来を考え始める

若い時は今が楽しければ良かったが、20代後半から本格的に将来を考え始め、仕事や結婚について改めて考えるようになります。

 

特に女性は年齢的に出産や育児のことを考えると、時間的にのんびりしていられなくなります。子供は何人欲しいか?家を持ちたいのか?

 

それらの将来設計が描けている人は、全て逆算して行動するのでちょうど年齢的に20代後半〜30代前半になるのです。人が行動する時はポジティブイメージが出来た時か、恐怖心が原動力になります。

 

将来を考えるタイミングは幾度となくありますが、このまま一人だったらどうしよう?と、恐怖心が芽生えた時に婚活に踏み出す場合も多いのです。

 

【婚活サービス別】利用者の年齢層を徹底解説!

【婚活サービス別】利用者の年齢層を徹底解説!

 

現代は「婚活しよう!」と思ったら、すぐに行動に移せる環境が整っています。婚活サービスは昔ならではの結婚相談所、ランダムに幅広く出会える婚活パーティー、スマホが普及した今だからこそのマッチングアプリなど様々あります。

 

それぞれのサービスは利用者の特徴も、出会える年齢層も違ってきます。自分にはどの婚活サービスが向いているのか?は、年齢を基準にすると選びやすいです。

 

次はサービスごとに利用者の年齢層を徹底解説します。参考にしてみてください。

 

本気で結婚を考えるなら【結婚相談所】

本気で結婚を考えるなら結婚相談所がオススメです。年齢層は20代後半〜50代と、幅広く登録しています。

 

年齢ごとの特徴としては20代は比較的奥手な人達が多く、30代は周りが結婚してしまい、出会いもない環境にいる人達。40代以上になると離婚経験者も増えてきます。

 

結婚相談所では、条件に合った人と的確に出会えるので、年齢にとらわれず収入など他の武器を持って、婚活に臨むことができるのです。結婚相談所に入るまでも審査や料金面など敷居が高いので、本気で結婚したい人しかいないのが特徴です。

 

若者から大人まで!幅広く出会える【婚活パーティー】

今日、街コンやカップリングパーティーなど、様々な種類の婚活パーティーが全国各地で行われています。

 

これらは若者から大人まで幅広い年代の人と出会うことができますが、最近ではターゲットを絞った少人数制の婚活パーティーも人気を集めています。

 

年齢限定・趣味限定・条件限定など。共通の話題ありきのパーティーは、初心者やお一人様でも安心して参加できると人気です。ワイワイとした雰囲気が好きな人、積極的に話しかけるのが得意な人は、向いている婚活方法です。

 

若者に大人気!【マッチングアプリ】

マッチングアプリは無料から有料まであり、その手軽さから、逆に結婚相手を探すのには難しいのではないかといわれています。年齢的に焦りもない、まだ遊びたい若者が多く参加しているので、マッチングアプリの利用者は20代が多いです。

 

ですが最近は婚活に特化したマッチングアプリもあり、30代・40代の利用者も増えています。登録に証明書が必要だったり、月会費がかかったりするものは、結婚に対して真剣な人が多く参加しています。

 

自身が出会いたい年齢層に合わせたマッチングアプリを選ぶと良いです。フットワークが軽くない人も、まずはスマホで簡単マッチングアプリを試してみることをおすすめします。

 

【必見】婚活をするメリット・デメリット

【必見】婚活をするメリット・デメリット

 

婚活は当然「結婚したい」という願望から始まります。しかし結婚に関しては願えば叶うわけではなく、待っていても一向に出会いがないのが現実です。

 

婚活と聞くと、恥ずかしいものだと思ったり隠したい傾向もあるようですが、メリットはたくさんあります!

 

その逆でデメリットも存在しますが、結婚というゴールにたどり着くには、行動するしかありません。そんな婚活には、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?紹介していきます。

 

メリット①【最重要】たくさんの出会いがあなたを待っている

婚活を始めると、異性との接触機会の増加に驚くそうです。これまでの日常とは一変します。とにかく出会いの幅がいっきに広がります。婚活に乗り出さない限り、出会いは横ばいですが、行動した瞬間から一気に広がるので、単純に毎日が楽しくなります。

 

出会いの数だけ可能性が増えるので、それだけ結婚に近付きますよね。それに多くの人と出会い、やりとりをする中でコミュニケーション能力も身についていくので、自己成長にも繋がり、一石二鳥です。

 

実際に人と出会っていく中で、自分の本当の願望や理想がブラッシュアップされていくので、まずはフットワーク軽く多くの人と出会ってみるのもおすすめです。

 

メリット②あなたの【理想の相手】はどんな方ですか?

婚活することにより、自分の理想の相手を再確認することができます。行動しない限りは妄想のままですが、理想は次第に現実味を帯びていきます。

 

結婚相談所では専門のコンシェルジュが付き、自分の理想を細かく聞いたり掘り下げてくれます。すると、これまで自分が理想としていたことは、実はそこまで重要じゃないことに気付いたり…

 

第三者の力を借り、出会いを増やしていくことによって、これまでの固定概念が払拭されたりします。その結果、思わぬ人と結ばれたりするものです。

 

自分の理想ばかりを求めて、現実が見えなくなっていても、人の手を借りたり自分を客観視することで、現実に引き戻してくれるのが婚活のメリットです。理想がハッキリしてからは、割と早く相手に恵まれることでしょう。

 

メリット③婚活サービスの【プロのサポート】が受けられる!

婚活サービスでは、リサーチからマッチングの段取りまでプロのサポートが受けられる場合があります。一番手厚いのが結婚相談所です。

 

目利きのプロから見た、【自分の改善点】や恋愛がうまくいくためのコミュニケーションのコツなども教えてもらえるのです。

 

恋愛が苦手・奥手な人も、こうしたプロのサポートによって、自身を変えていくことができます。これまで自分の脳みそで考え、自分のできる範囲でしか行動していなかった人が自分の枠を飛び越えて新たなステージにいくことで、お相手と結ばれるケースが多いのです。

 

自分が恋愛下手と自覚しているのであれば、そうしたプロのサポートの充実度を基準に、婚活サービスを選ぶのもおすすめです。

 

デメリット①恋愛ではない?結婚を意識した大人の付き合い

婚活での出会いと自然な出会い、どちらも恋愛であることに変わりはないのですがロマンチックな恋愛を夢見る人にとっては、婚活はちょっぴりドライに感じるようです。

 

それもそのはず、トキメキや直感を大切にするどころか年齢・年収・仕事・学歴などのスペックや条件で、相手を探してしまうからです。

 

ですが効率よく出会って結婚するには、条件で見るのも大切です。決して事務作業ではなく、出会ってからが大切なのです。結婚を意識した付き合いだって、相手のことを知っていけば好きになるし、一緒に過ごしてくうちにトキメキも生まれます。

 

婚活は恋愛とは違う!などと頑なにならず、どんな出会い方であれ、目の前の異性としっかり向き合うことが大切です。

 

デメリット②恋愛にかかる費用と婚活費用はどちらが高い?

婚活にはお金がかかります。月会費・パーティー代・写真代・お見合い代など。これらは自然に出会った恋愛ではかからない費用になります。

 

付き合ってからは、ふつうに交際費がかかるので、婚活をしてる人にとっては、付き合うまでの時間が長ければ長いほど、婚活費用は増えていくということです。

 

金額で見たら婚活費用の方が高くつくかもしれませんが、自分が手に入れたい未来を考えたら価値のある投資になります。

 

とはいえ、長くダラダラと続けるとモチベーションも下がりますし、経済的負担も増えるので、婚活は最初から本気で取り組むことをおすすめします。

 

デメリット③気を付けて!出会い系サイトには危険がいっぱい

気軽に誰でも参加できる出会い系サイト・マッチングアプリには、婚活目的ではなく体目当てだったり、詐欺目的の人たちもたくさんいます。

 

出会いに焦って、すぐに会ったりするのはやめましょう。簡単に繋がり、会えるほど甘くはありません。マッチングアプリを利用する場合は、身分証明が必須なサービスを選ぶと安全です。

 

もしやり取りの途中で、他のサイトに誘導したり不思議に思うことがあったら、詐欺を疑いましょう。会うのにお金がかかるのも不審です。パパ活目的の女性が紛れてることも多いので、お金絡みはしっかり断ることも大切です。

 

まとめ|年齢にとらわれず、行動することが大切!

まとめ|年齢にとらわれず、行動することが大切!

 

婚活人口で一番多いのは20代後半〜30代前半でした。この年齢はたしかに結婚適齢期でもありますが、婚活はいつからでも始められます!

 

結婚したいと思う限り、年齢にとらわれず行動すべきです。なぜなら、今の婚活サービスは年齢ごとにターゲットを絞ったものが増えているからです。

 

熟年離婚も多くあり、第二の人生を歩むパートナーを探す人だっているのです。自分を必要とする人は、きっと現れます。

 

なので需要が違う場所に行って疲弊するよりも、需要が合う場所で素敵な出会いを見つけることが、結婚の近道です。様々な婚活サービスがありますので、自分に合ったサービスを選んで、婚活に取り組みましょう!

 

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリー 一覧