【徹底解説】マッチングアプリの年収は本当なの?真偽を見抜く為の3つのポイント

婚活お役立ち情報

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

マッチングアプリには「年収」を入力する欄が設けられています。「お金だけがすべてじゃない!」と言い切りたいところですが、結婚を前提とした恋人を探すのであれば、性格だけでなく年収も譲れない要素ですよね。

 

しかし、実際、アプリのプロフィール欄に入力されている年収は本当に正しいのでしょうか?年収1,000万円以上だと入力している男性が多いため、どこまで信じていいかわからなくなる経験をした人もいるかと思います。一方で、年収の欄のみ空白になっている男性ユーザーも存在します。

 

本記事では男性がマッチングアプリでウソの年収を入力する理由、年収の真偽を見抜くポイント、年収重視の方におすすめのアプリについて解説します。

 

本記事をお読みいただければ、マッチングアプリで年収に騙される可能性が低くなるでしょう。結婚を前提とした交際を望んでいる方、ハイスペックな男性と出会いたい方は必読です!

 

ウソの年収を記入する男性はいるの?

そもそも偽った年収を記入する男性はいるのか気になりますよね。もし仮にウソだったとしても、付き合うことになれば相手の勤め先や年収を把握する機会はいつでもあります。年収がウソだとバレれば、今後の二人の将来に大きな影響を与えることは間違いありません。

 

ここでは、実際に男性の意見を見てみましょう。今までマッチングアプリで会った男性に当てはまるかどうか、考えてみると良いですね。

 

50万〜100万前後のウソはみんな付いてるんじゃないの?

「年収欄ってだいたい50万〜100万単位で選べることが多いから、ちょっと盛っておけば『600万以上〜800万円未満』とかを選べるんだよね。『400万以上〜600万未満』より見栄え良くなるし。50万〜100万前後くらいなら、みんなウソついてると思いますけどね。」(31歳・男性)

 

お金で判断する女性が多いので高めに設定している

年収400万円前後ですが、600万円以上に設定しています。400万円にしていた時よりも、圧倒的に「いいね!」の数が増えました。やっぱり年収も大きな要素として見られているんだなと思いましたね。まず出会わなければ何も進展がないので、高めに設定して会える確率を高くしています。」(26歳・男性)

 

バレたら恥ずかしいので偽らない

「年収が高いわけではありませんが、いざ付き合った時に年収が低いとバレたら恥ずかしいので、一切偽っていないです。結婚を考えている相手にはウソをついてほしくないですし、自分も正直でありたいと思っています。」(34歳・男性)

 

なぜウソの年収を記入するのか


残念ながら、年収を偽っている男性ユーザーは一定数いるようです。しかし、年収を偽る理由は1つではなく、様々な理由が考えられます。年収を偽る理由とともに、マッチングアプリ上でチェックしておきたい点について紹介していきます!

 

「いいね!」をもらいやすくするため

結婚を本気で考える女性であればあるほど、年収は相手を選ぶ上で大切なポイントですよね。婚活アプリでは特に顕著に見られる傾向です。どれだけ顔が良くても、相手の年収が低いと恋人候補からは外れてうことが多いでしょう。

 

逆説的に考えると、高年収な男性は女性からアプローチされやすいということです。つまり、「いいね!」をもらえる可能性がグンと上がります!マッチングアプリでは「いいね!」をもらうことでやっと出会いのチャンスが生まれます。「出会いたい!」と思っている男性は、年収を偽ってマッチング率を高めている場合も多いといえるでしょう。

 

20代前半で年収1,000万円以上の男性は、ほとんど存在しません。相手の年齢と年収を照らし合わせ、あまりにも高すぎる年収の場合にはウソをついている可能性があることを念頭に置いておきましょう。

 

 

年収が少なすぎるから

フリーターや学生の場合、年収は決して高くありません。学生であればまだ仕方ないと割り切れるでしょう。しかし、フリーターは正社員として勤務している女性の年収よりも低い場合が多いです。通常であれば大学を卒業して就職している年齢なのに、フリーターで年収が低いとなれば、出会いのチャンスは激減するでしょう。

 

フリーターは、プロフィール欄に仕事について記載していない場合が多いです。趣味や理想の相手などについての詳細ばかり記載している人は注意しておくと良いですよ。

 

また、プロフィール欄に「会社員」と記載されていたとしても、メッセージであらためてどのような仕事をしているのか確認しておくべきです!ウソをついている場合、大抵の場合ちぐはぐな回答が返ってくるため、非常に分かりやすいといえます。

 

 

遊び目的のため

マッチングアプリを遊び目的のために利用している男性もいます。マッチングしなければ出会えないため、実際の年収よりも高めに設定しているケースが多いです。

 

遊び目的なので、交際や結婚を視野に入れておらず、仮にウソがバレても痛手にはなりません。会える確率を高めるために年収を偽っています。

 

マッチング直後に「会いたい」「会おうよ」と誘ってくる男性は遊び目的であることが多いため、注意が必要ですよ。

 

 

そもそも男性の平均年収って?

(参照:doda 平均年収ランキング 最新版(年齢別の平均年収))

 

20代男性の平均年収は360万円前後、30代で480万円前後、40代で580万円前後だといわれています。

 

年収360万円の場合、手取り280万円くらいです。月23万円程度となります。仮に年収450万円と偽っていたとしましょう。手取り350万円、月29万円近くになるはずです。23万円と29万円では、生活スタイルや遊ぶ場所、持ち物なども変わる可能性がありますよね。

 

「お金だけがすべてじゃない」という考えを否定するわけではありません。しかし、結婚を前提に考えるのであれば、生活費や養育費など必要な費用を二人で捻出する必要があります。マッチングアプリに記載されている年収を信じていたのに、実はもっと低い年収だとすると、生活にも支障が出てしまいかねません。

 

もちろん、勤め先によっても異なりますし、早くから役職に就いている男性もいるでしょう。しかし、あまりにも平均とかけ離れている場合には注意が必要です。

 

高年収が可能な職業もある

優秀かつ下記の職業であれば、20代後半からでも年収1,000万円以上を稼ぐことは不可能ではありません。

 

・経営者
・外資系企業
・医者
・弁護士
・公認会計士
・パイロット
・有名企業の役職者

 

しかし、年収だけでなく職業を偽っている可能性もあります。賢い人なのであれば、話し方や考え方も尊敬できる部分があるはずです。怪しいな?と不安になった時には、名刺をもらったり、仕事の話を深堀りしましょう!

 

年収の真偽を見抜く3つのポイント

マッチングアプリ上で男性の年収が本当かどうかわからないまま、実際に会うことになるケースもありますよね。しかし、落ち込む必要はありません!むしろ、会ったほうがすぐに相手の年収が本当かどうか簡単に見抜けられるでしょう。

 

平均年収よりも大幅に高い年収を記載している男性と会う場合には、下記の3つのポイントに注目してみると良いですよ!

 

ポイント1:初デートのお店や支払いをチェック

初デートでどのようなお店をセレクトしてくれたかを見るだけでも、相手のお財布事情が垣間見えます!

 

年収800万円〜1,000万円と記載しているのにも関わらず、お店を決めていない、チェーン店の居酒屋などに連れていかれた場合は、ほとんど黒だと思って良いでしょう。

 

・学生御用達の居酒屋
・チェーン店の居酒屋
・ファーストフード
・ファミレス

 

初デートが上記だった場合は、相手が高収入である確率は低いです。食事をサッと済ませ、早めに帰宅したほうがいいですね。

 

年収1,000万円以上であれば、仕事での付き合いなどでハイグレードなお店で食事をすることもあるでしょう。初デートということもあり、男性側がエスコートすべきだと認識している人も多いです。また、女性側が食べたいものに対して、いいお店を探してくれることも稀ではありません。

 

また、お会計の金額もチェックしたいところです。高級感のないお店でも、意外とお会計金額が高い場合があります。そんな時にサッと支払いを済ませてくれる男性であれば、高収入はウソではないでしょう。

 

初デートはお互いの第一印象を左右する、大切な日です。男性側もそのことは重々理解しています。あまりにも低レベルなお店や支払いが割り勘なのであれば、高収入は望めないでしょう。もしくは、あなたに対してあまり期待していない可能性も考えられます。

 

 

ポイント2:趣味や生活スタイルから予想

もし仮にお店がイマイチであったとしても、落ち込むのはまだ少し早いです。もしかしたら、食に興味がないかわりに、別のところでお金をかけている可能性もあります!

 

食事中には趣味や生活スタイル、相手が大切にしているものを聞き出すと良いですよ。特に年収が高い方は、下記のような項目にお金をかけていることが多いです。

 

・高級車を保有している
・クルーザーを持っている
・骨董品収集
・ツーリングが好き
・高級時計を集めるのが趣味
・海外旅行に年に数回行っている
・高級ワインの飲み比べが好き
・キャンプ用品を多数集めている

 

平均年収だと、なかなか手が届かない趣味ばかりですね。お金がかかる趣味ができる、ということは年収も良いことがわかります。趣味の話は嫌らしくなく、聞きやすいので必ず聞いてくださいね!

 

 

ポイント3:服装・持ち物をチェックする

高年収なら、身なりにも気をつけるものです。仕事上で身につけるものであれば、特に気を遣っているでしょう。ブランド物を身に着けていればひと目でわかりますが、他にも見るべきポイントがあります。

 

・スーツにシワはないか
・靴に汚れはないか
・カバンはくたびれていないか

 

特に靴にお金をかけている高年収の男性は多いです。お金に余裕がある人は、足元にもしっかり気を配るためでしょう。いいものを身に着けている人は、意外とオーラでもわかりますよ。

 

身につけるものが安っぽい、汚れやシワがある場合には、そこまで気にする余裕がないということの証明です。初デートでは服装・持ち物にも目を光らせましょう!

 

年収証明が提出可能なアプリもおすすめ!

「いちいち相手の年収が本当かどうか気にしたくない・・・」
「デートしてまで判断しないといけないのがめんどくさい・・・」
「手っ取り早く高年収の男性と出会いたい」

 

そんな方もいるかと思います。そこでおすすめなのが、年収証明書が提出できるマッチングアプリの利用です!

 

・源泉徴収票
・納税証明書
・確定申告書

 

上記の証明書が提出できるマッチングアプリであれば、安心ですね!提出は義務付けられていませんが、提出内容を運営が確認後、年収証明が完了しているマークやアイコンが表示されます。高年収かつ年収証明をしている男性をターゲットにすればいいので、よりスムーズにハイスペックな男性と出会うことが可能です。

 

特におすすめなアプリを2つご紹介します!

 

おすすめ1.ブライダルネット

ブライダルネットは東証一部上場企業であるIBJが運営しています。月額1,950円から始めることができ、リーズナブルです。結婚に対する本気度が高いため、年収証明書を提出している人が多数います。また、結婚相談所のようにコンシェルジュがサポートしてくれるので、本格的に婚活したい人にはぴったりですよ!

 

>>ブライダルネットはこちらから!

 

 

おすすめ2.ゼクシィ縁結び

会員数85万人以上を誇るゼクシィから生まれたマッチングサービスです。約8割のユーザーが半年以内に相手と出会っています。婚活をメインとしているので、ブライダルネットと同じく年収証明書を提出している男性が多いです!

 

>>ゼクシィ縁結びはこちらから!

 

 

まとめ:年収は鵜呑みにしないこと!あくまでも参考程度に

マッチングアプリの性質上、まずは会わなければ次の展開が望めません。そのため、男性側が年収を偽って「いいね!」をもらいやすくしたり、会える可能性を高めることは少なくないでしょう。もちろん、全員がそうとは限らないので疑いすぎることは避けてくださいね!

 

ほとんどのマッチングアプリで年収を自由に入力できてしまうのが現状です。プロフィールの記載内容は鵜呑みにせず、メッセージの内容や実際会ったときの対応を見て、判断することをおすすめします。

 

また、煩わしいことを避けたい場合には、年収証明書の提出機能を設けているアプリを使いましょう。婚活メインのアプリであれば、年収証明書が提出できることが多いですよ!

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリー 一覧