ペアーズ(Pairs)のFacebook登録は大丈夫?無くても登録できる?登録方法について徹底解説

婚活お役立ち情報

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

人気のマッチングアプリペアーズ。登録者数の多さや、コミュニティの充実など出会いサポート体勢の充実から婚活・恋活者の関心度の高いアプリです。

 

ペアーズはFacebook連携先駆けのマッチングアプリです。Facebookのアカウントがあれば、簡単な手続きをするだけで利用することができます。

 

Facebookのアカウントがないとペアーズが利用できないようなイメージですが実はそうではありません。Facebookに登録することなくペアーズを利用する方法と、Facebook連携のメリットについて解説します。

 

ペアーズの登録方法は?【Facebook】と【SMS認証】の2つ!

ペアーズの登録方法は?【Facebook】と【SMS認証】の2つ!

ペアーズに登録する方法は二つあります。一つはFacebookのアカウントを使う方法。こちらを利用する場合は、ペアーズとFacebookの連携を承認するだけで簡単に登録が完了します。

 

Facebook連携を利用したメリットはいろいろありますので、既にFacebookのアカウントを持ち利用している人はこちらの方法が便利。

 

ただし、Facebookの「友達」の数が最低人数に達していないと連携することができませんFacebookアカウントを持っていない方は、メールアドレス又は検体電話番号を使ってペアーズに登録することができます。

 

「Facebookをお持ちでない方はこちら」をクリックし、案内に従ってメールアドレス又は携帯電話番号を入力すると、ログインコードが送られてきます。ログインコードを使って認証すれば登録ができます。

 

Facebookアカウント以外の電話番号やメールアドレスでペアーズに登録した場合、後からFacebook連携登録に変更することも可能です。

 

【Facebook】定番方法!連携登録で簡単にはじめられる!

スッキリ

ペアーズの登録方法で簡単かつメジャーなのはFacebook連携登録です。ペアーズ入会ページから「フェイスブックで始める」をクリックして連携を認証するだけで初期登録は完了します。

 

Facebook連携を利用すれば、プロフィールに使用する写真などもFacebookページから流用できますので、ペアーズでの活動をすぐに始めることができます。

 

ペアーズの再ログインするときも、Facebook連携ならクリック一つで簡単です。ペアーズ用にまた一つパスワードを設定する必要がないのが嬉しい特徴。

 

もちろんペアーズ上にFacebookの投稿内容は反映されず、反対に自分のFacebookページにペアーズの利用がわかる表示などがされることはありません。

 

Pairsの公式サイトから申し込む!

 

友達や知り合いは表示されない!身バレ対策に効果大

マッチングアプリの利用中に気になるのが、その利用が知り合いにバレてしまうことです。Facebook連携を使ってペアーズに登録すると、Facebook上の友達はペアーズ上で非表示になるためお互いにバレる心配がありません。

 

ただし、Facebookで「友達」になっていない知り合いや、相手がFacebook連携ではなくSMS認証で登録している場合はペアーズで出会ってしまう危険があります

 

ペアーズで「会いたくない」「使っていることを知られたくない」相手に出会ってしまった場合は、「ブロック」機能を使いましょう。

 

「ブロック」機能を使用すると相手の画面上には表示されることはありません。すでにペアーズでつながりを持っている相手をブロックした場合は、相手のページには「退会済み」と表示がされ、プロフィールをのぞかれることがないので安心です。

 

毎回ログイン時には認証が必要!身バレの可能性も高い

ペアーズにメールアドレスまたは携帯電話番号を使用して登録した場合、ログイン時にもそのアドレスまたは番号入力が必要です。

 

Facebook連携であれば、ログイン時は「Facebookでログイン」をクリックするだけで、いちいち認証は必要ありませんので、ひと手間多いといえます。

 

Facebook連携を使用するとFacebook上の「友達」はペアーズ上では非表示になりますが、SMS認証でペアーズに登録した場合はそのような情報はないため、アプリ上で知り合いに出くわす可能性が高くなります。

 

SMS登録をした場合で、ペアーズの利用を出来るだけ知られないようにするためには入会時や都度、「ブロック」機能を利用するのが安心です

 

より安心安全に利用できる!【Facebook】連携登録が人気

より安心安全に利用できる!【Facebook】連携登録が人気

Facebookアカウントを利用しなくても、SMS認証でペアーズに登録することはできます。ただし、SMS認証を利用した場合は、ログイン方法が煩雑なことや、身バレの可能性など気になる点がいくつかあります。

 

安心してペアーズを利用するにはFacebook連携での登録がおすすめです。現状でFacebookアカウントを持っていないという場合は、これを期に登録してみるのも一つでしょう。

 

Facebook連携を利用する場合、ペアーズ登録時点でFacebookの「友達」の数が10名以上であることが条件ですので、Facebook登録後は知り合いに友達申請を送り頭数を揃える必要があります。

 

ペアーズには、どこまで情報が引き継がれるの?

デメリット

Facebookは基本的に本名での登録がマストであり、継続的に利用している場合は出身校や勤務先といった情報、タイムラインの投稿など個人情報がたくさんつまっています。

 

ペアーズ利用にFacebook連携を使うことでこれらの情報が両サイトで行き来してしまうのではないかと心配する声が聞かれます。

 

Facebookと連携することでペアーズに引き継がれるのは年齢と、Facebook上の友達の数が10名以上であるかどうかということくらいです。こちらはチェックのみで「Facebook友達」の数などはペアーズに反映されませんのでご安心ください。

 

加えて、Facebook上の「交際ステータス欄」がチェックされ、こちらに、「既婚」「婚約中」「交際中」と記載されている場合はペアーズに登録することができない仕組みになっています。

 

それ以外のFacebook上のプロフィール情報や、タイムライン投稿内容などはペアーズに反映されることはありません。

 

勝手な投稿や表示は?【プライベート設定】は忘れずに!

【いいね】は無限じゃない!効率的に使う3つのポイント

ペアーズのFacebook連携を使う際に気になるのは、ペアーズを利用している痕跡がFacebook上に表れるなど、その利用がFacebookの友達にバレてしまうのではないかという点。

 

又は、ペアーズ上にFacebookの情報が漏れ個人を特定されてしまわないかという点も気になります。

 

基本的にペアーズ、Facebookのそれぞれの情報が交換されることはありません。従って、Facebook上にペアーズからの投稿などが反映されることはありません。

 

しかし、やっぱり気になるという方はFacebookの「プライベート設定」を利用するのがオススメです。Facebookでの投稿の範囲を、不特定多数が閲覧できる「公開」にするのではなく、「友達」のみ等に設定すると、閲覧できる範囲を限定することができます。

 

ペアーズで知り合った人からの望まない検索をブロックするためにもこの設定の利用が使えます。

 

【必見】Facebookで登録する場合の4つの注意点

ペアーズの利用にはFacebook連携登録が、何かにつけて便利がよいといえます。Facebook連携で登録することで、簡単に登録、ログインをすることができ、Facebook上の友達にペアーズを利用していることを知られる心配がありません。

 

一方で、使い勝手の良さに目を奪われていると、思わぬ落とし穴があります安心して利用するために、Facebook連携を使ってペアーズに登録する場合に注意すべき点について具体的にご紹介します。

 

【プロフィール写真】登録前後に変更するべき!

男女ともに

ペアーズの登録時にFacebook連携を利用した場合、Facebookでのプロフィール写真がペアーズに引き継がれます。

 

同じ写真でOKという場合は問題ありませんが、はっきりと顔がわかりすぎる写真を使いたくない場合や、撮影場所が特定される写真を使っているといった理由で、写真の引継ぎを希望しない場合は、連携の前後でFacebookの写真を変更すると安心です。

 

ペアーズ登録後にペアーズ上のみのプロフィール写真を変更することはもちろん可能ですが、変更までの微妙なタイムラグがあるので気になる場合は、ご注意ください。

 

また、Facebookとペアーズのプロフィール写真が同じである場合、身バレする危険がありますので、トラブル防止の観点からもFacebookプロフィール写真をペアーズ登録前後で変更し、同じ写真を使わないでおくのがベターです。

 

【交際ステータス】登録できるのは「独身」だけ!

Facebookのプロフィールには、「交際ステータス」という情報欄があります。これは、パートナーの有無やその関係をFacebook上で公けにするときに使います。

 

この箇所に「既婚」「婚約中」「交際中」と入っている場合、Facebook連携でペアーズに登録することが物理的にできません

 

Facebook連携を実施する前に交際ステータスが「独身」又は空欄になっていることを確認しておきましょう。当たり前ですが、既婚者や婚約中の人はペアーズを利用することができません。

 

【生年月日】年齢を計算して反映!正確な情報を!

ペアーズのFacebook連携では、年齢に関する事項が引き継がれます。そのため、Facebook内での生年月日登録は正確にしておく必要があります。

 

Facebookで登録された年齢と、ペアーズ利用開始後の信ぴょう書類審査での年齢が一致しないと年齢確認作業がクリアされません。

 

年齢確認がクリアされないと、メッセージ交換制限などがかかるため実質ペアーズでの活動はできないといえます。

 

Facebook上で年齢を知られたくないという理由で、適当な生年月日を登録しているなどの場合は、連携前に正しい情報に修正しましょう。Facebookでは、生年月日を非公開に設定することができますので気になる方はこちらを使えば安心です。

 

【友達更新】新しく友達が増えたら、定期的に!

pairs3

Facebookを積極的に利用している場合、ペアーズの利用開始以降にも「友達」は増えることが予測されます。

 

Facebook上での「友達」は、ペアーズ上での出会いを回避するため非表示になるよう設定にすることができますが、設定時以降に増えた「Facebook友達」については、自動的にチェックはされません。

 

従って、「Facebook友達」が増えている可能性がある場合は定期的な「友達更新」をしておくのがオススメです。

 

ただし、ペアーズで知り合い、Facebook友達に関係が進んだ相手がいる場合、ペアーズの「友達更新」をすることで、該当の相手はペアーズ上では表示されなくなりますのでご留意ください。

 

絶対にバレたくない人向け!【プライベートモード】

絶対にバレたくない人向け!【プライベートモード】

婚活、恋活は積極的に頑張りたいけれど、仕事上の問題や個人的な理由で絶対に身バレしたくない、という場合にはペアーズの「プライベートモード」が使えます。

 

「プライベートモード」を設定することで自分のプロフィールの公開範囲を限定することができます。プロフィールの公開範囲を、自分から「いいね」を送った相手のみ、若しくは、マッチングした相手のみに限定することができます。

 

「プライベートモード」の利用中は、マッチングしている相手以外の会員のコミュニティの参加者一覧に表示されません。また、設定以前に「足あと」を残した相手に対してこちらのプロフィールは非表示になります。

 

「プライベートモード」を利用するには、有料会員会費とは別途に料金が必要です。購入の上、「ON」設定を行うと「プライベートモード」が利用できます。

 

まとめ

まとめ

ペアーズをFacebookアカウントを使わず登録する方法について解説しました。Facebook連携で登録する場合と、連携せずSMSで登録する場合とではそれぞれにメリット・デメリットがあります。

 

身バレの回避や、安全面から見るとポイントを知った上でFacebook連携登録を実施するのがベターといえそうです。日本最大級のマッチングアプリペアーズを上手に利用し、素敵な出会いにつなげてください。

 

Pairsの公式サイトから申し込む!

 

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリー 一覧