ペアーズ(Pairs)で知り合いにバレる7つのパターン!対策方法も徹底解説

婚活お役立ち情報

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

婚活や恋人探しの手段として非常に人気なペアーズ(pairs)。利用者が1000万人を超え、日本で最大規模のマッチングアプリです。

 

それだけ多くの人が利用しているとなると「もしかしたら自分の友達や知り合いも使っているのでは?」と思いますよね。

 

それゆえに、

「やってみたいけど知り合いにバレるのが怖い」

「知り合った人に住んでいるところを知られそうで不安」

と抵抗があり、手を出せていない方もいるのではないでしょうか?

 

今回は、ペアーズで知り合いにバレるのはどんなときか?や、バレないための対策方法などをご紹介します。

 

あらかじめ知っておくことで、安心して利用を始めることができますよ。

 

【会員数が最大規模!】ユーザーの数だけ出会いがある!可能性が無限大 → ペアーズ(pairs)

 

バレてしまう理由は?知識不足やうっかりなど7つのリスク

ペアーズを利用していることが知り合いにバレてしまう理由として、どんなものがあるのでしょうか。その原因として、アプリを詳しく知らないことやちょっとした不注意などがあげられます。

 

ここでは、その詳しい原因を7つご紹介します。しっかりと頭に入れて、身バレを防ぎましょう。

Facebookを連携するのは不安…。ペアーズはSMS認証だとバレやすい!

ペアーズの登録方法には「Facebook認証」と「SMS認証」の2つがあります。

 

FacebookはSNSの中でも個人情報がわかりやすいサービスですよね。それを連携させてしまうと、Facebookのタイムラインにペアーズ関連の投稿がされてしまうのでは?と心配になる人も多いはず。

 

しかし、実は逆。

 

ペアーズは、Facebook上の友達をお相手候補に表示しないよう設定でき、知り合い同士のバッティングが回避できます。

 

しかし、SMS認証だとそれができないため、ペアーズを使っている友達がお相手候補にピックアップされてしまう可能性があるのです。

Facebookの「友達」になっていない知り合いにバレる

Facebook認証だと「Facebook上の友達は候補として出てこないから安心…」ですが、実はここに落とし穴が。

 

ペアーズでお相手候補として除外されるのは、Facebook上で友達同士になっている人だけ。お互いにFacebookを使用していても、友達になっていなければ、ペアーズでは候補として表示されてしまうのです。

 

「Facebook認証で使っているから知り合いバレはない!」と、ひとえに安心はできないため、色々な可能性に注意し、徹底することが必要です。

意外な罠!友達がSMS認証でペアーズを利用している

自分がFacebook認証で利用していれば、必ずしも安心というわけではありません。

 

ペアーズ上に表示されない条件は、Facebook上で「友達」になっているだけではなく、お互いにFacebook認証でペアーズを使っている場合に限られます。

 

自分がFacebook認証をしていたところで、友達のほうがSMS認証でアプリを利用してしまっていたら全く意味がないのです。

 

友達に「ペアーズでお相手候補に出てしまうから『Facebook認証』で利用してくれ」なんて、言えるわけがありませんよね。そのため、少しでも知り合いかもしれないと思ったユーザーは、ブロックしておくと安心です。

技術進歩の落とし穴!友達だと気づかずに「いいね」をしてしまう

「いいね」をするかどうかは、プロフィール写真とその内容で判断しますよね。

 

しかし、プロフィール写真が人物写真ではなかったり、加工アプリで手を加えられていると、知り合いだと判断できずに「いいね」をしてしまう可能性が!

 

プロフィールがありきたりなものだと、写真がなければ知り合いかどうかなんてわかりませんよね。また、加工アプリの精度も侮れず、まさに技術進歩によって、うっかり知り合いのユーザーにバレてしまう可能性も否定できないのです。

 

プロフィール写真から、プロフィールの内容から。友達バレを防ぐためにも、年齢や住まい、出身の似ているユーザーには細心の注意を払いましょう。

Facebookでペアーズに「いいね」をしてしまった

基本的に、Facebook認証でペアーズを使っているからといって、勝手にペアーズからFacebookに何かが投稿されることはありません。

 

ありがちなのは、Facebookを見ているときに、関連コンテンツとして出てきたペアーズの投稿に「いいね」をしてしまうこと。また、記事などからクリックを誘導する「クリックジャッキング」という詐欺のような仕組みで、知らないうちに「いいね」を押したことになってしまうケースもあります。

 

「いいね」をしてしまうとFacebookのタイムラインで周囲に公開されてしまうため、安易に「いいね」をしないよう注意しましょう。また、クリックを誘導するようなコンテンツを閲覧する際には十分な注意が必要です。

設定は大丈夫?スマホの通知を見られてしまう

特に何も設定をしていなければ、「いいね」が来たときやマッチングしたとき、メッセージが届いたときなど、ペアーズからスマホに通知がされます。

 

通知がスマホの画面に表示される「ポップアップ通知」の設定にしていると、周囲の友達などに覗かれた際に利用がバレてしまう可能性が。

 

食事中にお手洗いに行ったとき、放置していたスマホの画面にペアーズの通知が届いて利用がバレてしまった、なんてケースもよくあるんですよ。

 

通知は非表示に設定してこまめにアプリを覗くようにするか、スマホを肌身離さず持つようにするなど、対策を徹底しましょう。

「どこで知り合ったの?」きっかけを上手に誤魔化せない

友達との間で、「恋人ができた」「最近仲良くしている異性がいる」などという話になった時に、必ずといっていいほど聞かれるのが「どこで知り合ったか」でしょう。

 

それを聞かれたときに答えに詰まってしまうと、大体の人は興味本位から「教えて!?」と突っ込んで聞いてきます。

 

「内緒」と言ったところで、引き下がる人はなかなかいないでしょう。最後には真実を吐かされてしまうことが目に見えています。

 

結果、定などは徹底して気をつけていても、自らの口でバラしてしまうことに。咄嗟に理由を考えられる人なら大丈夫ですが、素直な人はそれが仇になりかねないので注意したいところです。

 

バレずにペアーズを使いたい!身バレ防止を徹底する5つの方法

「バレる可能性はあっても、利用者数が多くて出会える可能性の高いペアーズを使わないのはもったいない気がする」と思いませんか?

 

知り合いにバレるきっかけやリスクがあることがわかったところで、実際にどうしたら身バレを防げるのかが知りたいですよね。

 

ここでは、友達など知り合いにバレないよう安心してペアーズ使うため、身バレを防げる5つの方法をご紹介します。

 

事前にしっかりと対策を行い、知り合いにバレずペアーズで出会いを見つけましょう。

非通知設定にするor人前でスマホを手放さない

まず最初に注意したいのはスマホです。

 

友達と話しているときや食事の際にテーブルにおく場合など、通知でペアーズの利用がバレないようスマホの設定を非通知にしておきましょう。

 

通知を切っても、スマホのデスクトップのアイコンなどに気付く人もいるかもしれません。アイコンの場所を2ページ目にずらしたり、フォルダ化してより目立ちにくいようにしておくと安心です。

 

通知がないと逆にメッセージなどに気付けないという人は、できるだけスマホを野放しにしないこと。

 

最も簡単にバレ対策ができる部分なので、絶対にやっておきましょう。

Facebook連携で利用する

友達にペアーズの利用をさとられないために、Facebook上の友達がお相手候補から除外できるFacebook認証での利用をすること。

 

SMS認証だと、ペアーズを使用している知り合いの多くがお相手候補として出てきてしまう可能性があります。

 

ただしFacebook認証でも、Facebook上で知り合いと友達同士になっていないと意味がありません。せめてバレたくない知り合いとはFacebookで友達になっておくと安心。

 

Facebook認証をしたからといって、ペアーズ関連の投稿がFacebookのタイムラインへ勝手にされるわけではありません。Facebook認証は簡単にできる友達バレ対策のひとつなので、ぜひやっておきたいところです。

自分だとわかりやすいプロフィールにしない

ペアーズを始め、マッチングアプリでの出会いの第一歩となるのがプロフィール。誰もが最初に見る場所です。

 

ここで自分だと特定できそうな情報を入れてしまうと、一気に身バレをする可能性が高くなります。そのため、プロフィールは個人が特定しにくい範囲で設定することが大事。

 

例えば「銀行員→サラリーマン」「アパレルショップ店員→販売員」など、念のため職業や趣味もざっくりとした表現にすると安心です。

 

また、準備が面倒だからと、プロフィール写真に自分の写真を設定したり、他で使用しているSNSと同じものを使うことは絶対にNG。

 

実は私もペアーズを利用し始めたころ、友達がお相手候補として出てきたことがあります。友達が自分の写真をプロフィールに設定していて、一目見てわかってしまったのです。

 

プロフィールでわかりやすい個人情報を示すことは、知り合いに「これは自分です」と主張していることと同じなので十分に注意しましょう。

知り合いかも?と感じた人はブロック!

もし、たまたま「知り合いかも?」「もしかしてあの人じゃ…?」と感じる人が表示されたら、すみやかにブロックすることがおすすめです。

 

ペアーズでは、ブロックをすれば相手からは「退会済み」として表示されるため、関わる心配がなくなります。

 

自分は大丈夫でも知り合いのほうが細かくプロフィールを設定していると、どうしてもこちらにお相手候補として表示されてしまうことがあります。

 

そのため、少しでも「知っている人かもしれない」と感じたら、下手に探ったりせず相手にバレてしまう前に逃げるが勝ちです。

友達に聞かれたときのための理由を考えておく

友達との話題の中では、何かと恋愛の話題が出てきますよね。

 

その時に、ペアーズで交流している相手との話をするかもしれません。

 

しかし「どこで知り合った人なの?」と聞かれてスムーズに答えられないと、問い詰められて吐かされるかもしれません。さらに「言えないということは…」と、察しのいい人にはバレてしまうことも。

 

「ペアーズで出会った」と素直に言えるのであれば問題ありません。ただし、マッチングアプリで恋活や婚活をしていることを友達に知られたくない場合は、その時にどう説明するかをあらかじめ考えておきましょう。

 

ボロを出す心配もなく、周囲に知られずにペアーズを使い続けられますよ。

もっとバレない方法が知りたい!プライベートモードを活用しよう

ペアーズには、課金をすることによってより高い確率で身バレを防止できる「プライベートモード」があります。

 

<プライベートモードの機能>

 

  • 「いいね」した相手だけに表示される
  • 自分が検索結果やコミュニティに表示されなくなる
  • 足あとが残らなくなる

 

ペアーズでは、相手のプロフィールを覗くと足あとが付く仕様になっています。

 

しかし、プライベートモードならその心配がありません。そのため、プロフィールまで見た上で知り合いでないと分かれば、安心して「いいね」ができます。

 

月額が2,480円からと課金制になっているため、金銭的に余裕がある方は利用しておくと安全です。

 

ペアーズは婚活にもおすすめ!身バレを防いで幸せを掴もう

出会いに特化したアプリはたくさんありますが、中でもペアーズは恋活と婚活どちらが目的でも使えるのが特徴的です。

 

実際にペアーズでの出会いがきっかけで結婚に至った人もたくさん。身バレが不安というだけで使わないのは、もったいないですよね。

 

ペアーズでは、きちんと設定を整えたり通知が周囲に見えないよう注意したりすれば、90%知り合いにバレることは防げます。

 

より徹底的な身バレ対策としてプライベートモードもあるので、金銭的に余裕がある人はぜひ利用してみましょう。

 

そして安心かつ安全に、素敵な出会いを見つけて幸せを掴みましょう!

 

【会員数が最大規模!】ユーザーの数だけ出会いがある!可能性が無限大 → ペアーズ(pairs)

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリー 一覧