ペアーズ(Pairs)を大学生はこう使え!使い方と大学生のメリット・デメリットを徹底解説

婚活お役立ち情報

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

ペアーズ(pairs)は現時点で利用者1,000万人を突破した、国内の利用率No.1を誇るマッチングアプリです。18歳以上ならFacebookや電話番号を用いて、無料で簡単に始められます。

 

大学生になり、周りの友達に彼氏や彼女ができはじめて焦りを感じている方や、夏休みやクリスマスなどイベント前に寂しくなってしまう方!

 

今回は、そんな大学生のみなさんが恋人を見つけて幸せになるために!ペアーズを使うメリット・デメリットを始め、どのように使うのが効果的か、など詳しく解説していきます。

 

【会員数が最大規模!】ユーザーの数だけ出会いがある!可能性が無限大 → ペアーズ(pairs)

 

出会いがない大学生にはペアーズ!嬉しい5つのメリット

「大学はいろいろな学部もあるし、中学校や高校までとは比べ物にならないほどの学生がいるから、何もしなくても出会いはあるだろう」という期待を胸に、学生生活のスタートを切った方もいるでしょう。

 

しかし実際に大学生活を送ってみると意外に出会いってないですよね。人数が多いからこそ、仲良くなるきっかけを作ることが難しく、異性全員と知り合いになるなんてことはまず不可能。

 

そこで利用してほしいのがペアーズ!大学生ならではのメリットがたくさんあるんですよ。

とにかく出会いが多い!最大規模の会員数を誇る

ペアーズの何よりもの魅力はその利用者の数。もちろんその分、出会える可能性が非常に高いです。既に1,000万人を超える利用者がいて、毎日約5,000人が新たに登録しているという人気ぶり。

 

また、年齢・居住地・身長・職業などで検索できることはもちろん、結婚への意思やお酒・タバコをたしなむかどうかなどのより細かい項目で検索することも可能。

 

いろいろな角度からお相手を探すことができるため、それだけ理想の人と出会える確率もアップします。

 

利用者数の多さと精度の高い検索機能が、出会いの少ない大学生にとってはチャンス作りの大きな武器となるのです。

大学生でも安心!ペアーズは安全性もバッチリ

「マッチングアプリって安全なの?顔が見えない相手と会うなんて怖くない?」と思う方もいるでしょう。しかし、ペアーズなら大学生でも安心して使えます。

 

何故なら、実名ではなくニックネームでも登録ができるから。個人が特定される可能性が少なくなります。

 

また、Facebookからも登録はできますが、ペアーズから勝手にFacebookのタイムラインへ投稿されることはまずありません。そのため、友達などにペアーズでの活動がバレる。心配がないことも安心できるポイント。

 

さらに、ペアーズで異性と交流するためには、事前に必ず身分証を使用した年齢確認を行わなければなりません。

 

そのため「知らないうちに高校生や中学生と交流していた」なんてことも避けられます。

 

ペアーズには、24時間365日の監視体制とカスタマーケアがあります。ペアーズを利用している中で困ったら、いつでもメールやチャットで相談ができますよ。

年上好き必見。色々な年代の異性に出会える

ペアーズは。18歳以上なら誰でも登録することができます。そのため、自分の好みに合った年代のお相手と知り合うことが可能。

 

例えば、年上が好きな場合でも、学内で出会えるのはせいぜい3つ年上まで。

 

バイト先でも、大きく年の離れた異性と出会うことはあまりないでしょう。でもペアーズなら、年上にも社会人にも出会うことができるんです。

 

また、「年上好き」を公言するのが恥ずかしい方でも、ペアーズなら人に知られることなく好みのお相手と交流ができますよ。

コミュニティ機能も豊富。SNS感覚で利用できる

ペアーズには、約10万のコミュニティが存在します。

 

「フランス料理が好き」「海外旅行が好き」など、定番なものからニッチなものまで様々なコミュニティがあるため、あなたの趣味に合う場所がきっとあるはず。

 

「趣味が多くプロフィールに書ききれない!」という方は、ぜひコミュニティ機能を活用してみてください。

 

自分と共通の趣味を持ってたり、同じ価値観のお相手ををプロフィール以外の部分から探すことができます。

 

共通点から交流のきっかけを探すという点で、SNSと似たような感覚で使えるのもメリットの1つです。

異性が苦手な人こそ!コミュニケーションの練習になる

男子校や女子高出身だと、経験不足から異性との関わりが苦手だったり、そもそも異性との接し方がわからないという方が多いのではないでしょうか?

 

ペアーズなら、まずはアプリ上でお相手と交流を始めることができるため、異性が苦手な方でも少しずつ経験を積んでいくことができます。

 

また、そもそも人とのコミュニケーションが苦手な人にもおすすめです。最初はメッセージからのやりとりになるため、自分のペースで交流を進めることができますからね。

 

遊びだと失敗するかも?大学生がペアーズを使う3つのデメリット

出会いも豊富で使い勝手のいいペアーズですが、軽い気持ちで始めると失敗することも。

 

可能性を知っておくことで失敗を防ぐことができるので、「自分は大丈夫!」と油断しないようにしましょう。

 

大学生だからこそ失敗しやすいことや、不注意でついうっかりやってしまいそうなことなど、デメリットを3つご紹介します。ペアーズを始める前に、ぜひチェックしておきましょう。

業者や勧誘、ヤリモクなど悪質なユーザーに注意

誰でも簡単に登録できるからこそ、利用者には様々な人がいます。

 

利用者のフリをして他サービスへの登録を誘導したり、宗教・団体への勧誘をしてくる業者や体目的・奢られ目的など、悪質なものに引っかからないように注意しましょう。

 

このような悪質な利用者は、一般的な人を装ってアプローチしてくるため、プロフィールやメッセージなどでは見分けにくいのが事実。

 

LINEのアカウントを一方的に教えてくる人や、しつこくメールアドレスを聞いてくる人、プロフィール写真がイケメン・美人すぎる人は要注意。

 

やり取りをしている中で少しでも「変だな」と感じたら、関わることを止めましょう。

知り合いにバレて使いにくくなる可能性が

国内で最大規模のマッチングアプリとは言え、中には「出会い系」と一括りで認識している人も少なくありません。

 

もしそういう人が友達にいると、バレたときに「出会い系やってるぞ!」とからかわれたり、良くない印象を持たれてしまう可能性が。

 

いくつか対策方法はありますが、それでもバレる可能性がゼロになるわけではありません。

 

より高い確率で身バレを防ぐために、ペアーズでは「プライベートモード」という機能も展開されていますが、月額2480円からと、大学生には痛い出費がかかってきます。

 

そのためペアーズを利用するなら、絶対にバレないよう設定を徹底したり、バレてもめげない根性が必要です。

真剣な人には逆に相手にされないことも

マッチングアプリの中でも最大規模の利用者数を誇るペアーズには、恋人探しをする人だけでなく、結婚相手を探している人もいます。

 

要するに、恋愛に対して意識の高い人が多いということです。

 

特に結婚相手を探している人からは、学生相手じゃ将来も見えないと、お相手が真剣だからこそ足切りされてしまう可能性が。

 

真剣にお相手を探している大学生だったとしても、やはり婚活目的の人が考える条件には当てはまらないことが多いのも現実です。

 

もちろん、大学生同士の交流でも同じことが言えます。真剣に恋人を探している人に対して、遊びたいだけで軽い感覚で接していると「真面目に付き合う気はないんだな」と相手にされません。

 

恋愛に対しての意識や世代のギャップを理解した上で、割り切りながら利用していくのがいいでしょう。

 

大学生がペアーズで恋人を作るための5つのポイント

「ペアーズのいいところや悪いところわわかったけど、具体的にどうしたらペアーズで恋人が作れるの?」と思いますよね。

 

ここからは、大学生がペアーズを活用して恋人をゲットするために意識してほしいことを5つご紹介します。

 

あなたのキャンパスライフがより華やかなものにできるよう、ぜひ参考にしてくださいね!

あくまで真剣な出会いを探していることを説明する

ペアーズは婚活目的でも使われるくらいなので、将来に繋がるお相手を真剣に出会いを探している人が多いです。また、体目的や奢り目的を懸念する利用者もいます。

 

大学生だからといってプロフィールの手を抜いたり、メッセージのやり取りで軽い対応をしてしまうと、真剣にお相手を探している人からはまず見向きもされません。

 

逆に、真面目さを伝えることを徹底すれば、マッチングする確率が一気にアップするわけです。

 

そのため、プロフィール作りやメッセージ対応は、誠実にやっていくよう心がけましょう。そうすれば、社会人のお相手とのご縁が生まれる可能性も十分にありますよ。

友達にバレないよう設定などを徹底する

「友達にペアーズを使っていることがバレたらひやかされそうで嫌だな…。」と思う方もいるでしょう。

 

確かに、からかわれながらアプリを使い続けることには抵抗がありますよね。それでアプリの利用をやめてしまえば、せっかくの出会いの機会を手放すことに。

 

ペアーズで恋人探しに集中するためには、友達にバレないように使えるような対策が必要です。

 

簡単な方法として、

 

  • プロフィール写真を他のSNSと同じものにしない
  • 顔がわかりやすい写真を設定しない
  • スマホのポップアップ通知は切っておく

 

などがあります。

 

ペアーズを利用するだけでも恋人ができる可能性は高まるため、そのチャンスを潰さないためにも、友達バレ対策は徹底しておきたいところです。

趣味の合う人と繋がるようにする

同じ大学生でお相手を探すなら特に、相手に興味を持ってもらうきっかけとして「共通の趣味」を活用することが効果的。

 

例えば、映画鑑賞が趣味の場合「僕も○○好きです!××のシーン、いいですよね。」や「私は○○が好きなのですが、観たことはありますか?」など、話題も膨らましやすいです。

 

検索機能を使って、ひたすら条件を絞りお相手を探すのもいいですが、コミュニティを活用するのもおすすめ!

 

約10万の多彩なコミュニティから、マイナーでも同じ趣味を持っているお相手が見つかる可能性大です。

 

同じ趣味を持っていると、仲良くなりやすいことはもちろん、交際に繋がったあとも長続きしやすい傾向にあります。

 

ぜひ、趣味をきっかけにして出会いを掴んでくださいね!

男も女もいいねは積極的にプッシュする

「自分から“いいね!”をするなんて、積極的すぎて引かれないか不安…。」と思う方もいるはず。

 

でも、実際は逆。ペアーズは会員数が多いからこそ、「いいね!」をしないと自分の存在が認識すらされない可能性が高いのです。

 

そのため、相手からのアクションを待っているだけでは、なかなかマッチングには繋がりません。気になるお相手がいたら、「いいね!」を積極的に送りましょう。

 

中には、日々たくさんの「いいね!」をもらっている人もいるので、「いいね!」を送っても見逃されてしまうことがあります。

 

そのため、1人のお相手にこだわらず、数多くの異性に「いいね!」を送りましょう。

 

お相手に気付いてもらえれば、「自分に興味を持ってくれたのは誰だろう?」とあなたのプロフィールを見に来るなど、お相手のアクションを促すことができます。

 

気になってたお相手が知らない間に他の人とマッチングしていて、アプリから突然いなくなってしまった、なんてこともあります。

 

不完全燃焼で悔しい思いをしないよう、マッチングのきっかけになる「いいね!」はしっかりと送りましょう。

まずは会ってみる。ただし昼間か人通りの多い場所で

メッセージのやり取りが進んでお互いに好印象であれば、まずは会ってみること。本当に恋人が欲しいと思っているなら、メッセージだけではその先に繋がりません。

 

百聞は一見に如かずというように、100回やり取りするよりまず会ってみたほうが、お相手のいろいろな面を知ることができます。

 

「会ってみたら意外とカッコ良かった」「実際は気さくな人だった」など、会ってみないとわからないことはたくさん。

 

お互いの顔がわからないところからのスタートなので、実際に会うことに抵抗があるかもしれません。

 

しかし、本当の出会いは会ってからが始まり。勇気を出して一歩を踏み出しましょう。

 

ただし、会う時は昼間の明るい時間帯にするか、夜でも人通りの多い場所を選ぶことが重要。万が一の場合も考えて、リスクを最小限に抑えられると安心です。

 

大学生こそペアーズ!まずは友達を増やす感覚で使ってみよう

ペアーズは、無料で簡単に始めることができるマッチングアプリ。SNSをいじる感覚で利用できるため、忙しい学業の合間を使って出会いを探すのにもってこいのツールです。

 

「いきなり恋人を見つけよう!」と思っても難しいでしょう。そのため、まずは人間関係の輪を広げるイメージで、気軽に友達を増やすような感覚で始めてみてください。

 

そのまま大人になっても遊んだりできる大事な友達ができるかもしれませんし、友達の友達から思わぬ出会いが生まれるかもしれません。また、いずれ結婚相手に繋がる出会いがある可能性も…!

 

まだまだ未来がある大学生。出会いを求めることはもちろん、人としての深みを持てるようになるためにも、ぜひペアーズを活用してみてくださいね!

 

【会員数が最大規模!】ユーザーの数だけ出会いがある!可能性が無限大 → ペアーズ(pairs)

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリー 一覧