ペアーズ(Pairs)のみてねは効果ある?使い方・効果のある使い方を徹底紹介

婚活お役立ち情報

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

ペアーズにはみてねという機能があるのを知っていますか?知ってはいるけど、ポイントを消費するから使ったことがないという方もいるかと思います。

 

たしかに有料であるポイントを使うとなると躊躇してしまうかもしれません。しかし相手にアピールすることでマッチング率は格段に上がります。

 

せっかくペアーズ を使うなら、少しでも早く理想の相手と出会いたいものですよね。そこで今回は、みてねの効果や有効な使い方について紹介していきます!

 

「みてね!」とは?「いいね!」を送った異性への【再アピール機能】

「みてね!」とは、一度いいねを送った相手に再度アピールする機能です。他の人からのいいねやメッセージで自分が埋もれてしまっている可能性を考えて送るものです。

 

みてねには3つの種類があります。3種類とも3日間のみの効果となり、3日経つと優先表示されなくなってまたみてねを送ることができるようになります。

 

みてねはソフトなアピールとして位置づけられているため、いいねのように通知はされません。そのため、気づいてもらえない可能性もあるということを頭に入れて使わなければいけません。

 

Pairsの公式サイトから申し込む!

 

【 3pt~ 】相手の「いいね!」された一覧の上位に表示

みてねを送ると、相手のスキップしたお相手画面の上部に「いいね!を見逃してるかも?」と表示されるようになります。相手の人気度によって消費されるポイントは3〜5と数がかわります。

 

みてねを使うにはまず右下にある「その他」をタップします。その中にある「あなたから」をタップすると、今まで自分がいいねした異性が一覧で表示されます。その一覧の中からアピールしたい相手を見つけてみてねをタップすればOKです。

 

みてねを送るタイミングとしては、プロフィール写真を変えたときがおすすめです。ちょっと印象が変わるだけで、マッチングする可能性もあります。

 

また、ペアーズ ではキャンペーンを行っており、期間中は1ポイントでいいねを送ることができます。この期間を利用していいねを送ってみましょう。

 

【+ 3pt~ 】特に気になる異性には、「メッセージ付きみてね!」

特に気になる異性には、メッセージも表示される「メッセージ付きみてね!」を送って見ましょう。相手のおすすめに表示されるのはみてねと同じですが、自分のプロフィール欄にメッセージが表示されるようになります。

 

使い方はみてねとほとんど変わりませんが、いいねした異性の一覧の中からみてねをタップし、メッセージ付きみてね!を選べば送ることができます。

 

消費するポイントは3〜5ポイントとなり、みてねと合わせると600〜1000円相当となってしまいます。1人の相手とマッチングするのに1000円以上かかると考えるとかなり負担になりますよね。

 

みてねと同じで確実に見てもらえるわけではないので、どうしても気になる時以外はあまりおすすめできません。

 

【+ 3pt~ 】返信が来ないときには、「メッセージみてね!」

こちらはいいねではなく、メッセージに対するみてねとなっています。返信が来ないときに、自分からのメッセージをアピールするために使います。

 

メッセージみてねはやりとりのページ上部に「メッセージを見逃していませんか?」の言葉と一緒に表示されるようになります。相手がメッセージをよく利用している場合には気づいてもらえる可能性が高くなります。

 

消費ポイントはいいねと同じで3ポイントからとなり、人気のある相手だと最大で5ポイント必要になります。

 

ペアーズではメッセージを見てもらったか確認するためには有料の既読機能を使わなければいけません。気づいているのに返信していない場合は無駄になってしまうので気をつけましょう。

 

「みてね!」は効果あるの?なんとマッチング率が【3倍】に!

【女性版】もう騙されない!サクラや業者の見分け方

みてねはソフトなアピールとされているのであまり効果がないのではないかと思う方もいるかもしれませんね。しかし、ポイントを消費してまで使う機能なので、必ず効果はあります。

 

実際に「みてねを送信してマッチング率を3倍にアップさせよう」説明が書かれています。使い方やタイミングによってはそれ以上に効果を期待できることもあります。

 

具体的にどのような効果があるのか、ここからは主に2つある効果について紹介していきます。

 

効果は最大3日間!おすすめ表示で見逃しを回避できる

みてねの効果は最大で3日間となっています。長いと思うか短いと思うかは人によって違うと思いますが、3日間も相手のいいね一覧で優先的に表示されるのはかなりマッチングするのに有利になりますよね。

 

いいねを送ると相手には一覧で表示されますが、他の人に自分よりあとからいいねされてしまうとどんどん下に下がってしまいます。それをおすすめ表示できるということは、3日間自分を広告として表示することと同じだと考えてください。

 

見逃されてしまっても、プロフィールを見てもらえることでマッチングにつながることも多いです。一度しか使えないいいねを何回も使えるのと同じことです。どうしても気になる相手にはぜひ一度送ってみましょう。

 

ポイントを消費していることで、相手へ本気度が伝わる!

ポイントを消費してまでみてねを送るということは、ただいいねを送るだけよりも本気度が伝わります。1回送るのに300〜500円も使うので、送られた相手はなにか返さなけらばならないという心理が働きます。

 

特にメッセージ付きみてねは600〜1000円ものポイントを消費して送るので、相手にはどれだけマッチングしたいのかが確実に伝わります。自分にも有料でメッセージが送られてきたら、返事をしようという気になりますよね。

 

3日間の表示のためにポイントを消費することは躊躇してしまうかもしれませんが、相手に真剣さを伝えるチャンスでもあります。どうしてもマッチングしたい相手が見つかったら、メッセージ付きみてねを送ってみましょう。

 

【重要】「みてね!」を利用する場合の注意点

みてねを利用するときには注意が必要です。有効な使い方を知らないと、せっかくみてねを送ってもポイントが無駄になってしまいます。しかもポイントが無駄になるだけではなく、相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。

 

注意点をしっかりと理解すればポイントを無駄にせず、マッチング率をかなりあげることができます。もちろん、自分の印象が悪くなることもありません。ここからは、みてねを利用する場合の注意点を3つ紹介していきます。

 

相手が期間中受け取れる数に上限あり!【4件まで

みてねは受け取り数が4件までとなっています。相手が人気のある方だと、3日間の期間中に4件以上のみてねを受け取っている可能性もあります。そうなると他の人がみてねをしてから3日間経たないと自分から送ることはできません。

 

もし送れないという場合には、相手のみてねが上限に達していることが原因だと思ってください。3日経てば自分からもみてねが送れるようになるので、それまで少し待ってみましょう。

 

こちらから相手が受け取っているみてねの数を見ることはできません。ですが人気のある相手なら、自分以外にもたくさんの人がみてねを送っていると考えた方がいいでしょう。

 

それほど人気のある相手だと、マッチングできる確率はあまり高くありません。みてねを送れない場合には、諦めてポイント消費を抑えるのも1つの方法です。

 

相手に通知されない…ログイン率が低いと効果なし!

みてねの最大の弱点は、相手に通知されないことです。せっかくポイントを消費してみてねを送っても、相手に気付いてもらえずに期間が終わってしまうこともあります。特に、ログイン率が低い相手だと、いいね一覧やスキップページを見ることはほとんどありません。

 

みてねをして表示されるおすすめ枠は上部に表示されますが、かなり小さい上にスクロールすると見えなくなってしまいます。久しぶりにログインした方は、いいねを確認するときに何日も前の人まで確認する可能性が高いです。

 

また、ログイン率が低い相手は、そもそもいいねを見ることが少ないと考えたほうがいいでしょう。せっかくみてねをしても3日間の期限内にみてもらえず、無駄になってしまうこともあるので注意しましょう。

 

相手にわかってしまう…しつこいと非表示やブロックの可能性も

相手が普通にログインしていれば、ほとんどの場合みてねをされたことに気付いてくれます。それなのにマッチングしないということは残念ですが相手にとって自分がタイプではなかったということです。

 

それなのに何回もみてねをしてしまうとしつこいと思われてしまいます。スルーしているのに何回もアピールされたら、あまりいい印象は持たれませんよね。最悪の場合、非表示やブロックされてしまうことがあります。

 

忙しくて見落としてしまっている可能性もありますが、ほとんどの場合、1回スルーした相手とマッチングしようとは思いません。自分の印象を悪くしないため、そしてポイントを無駄遣いしないためにも、しつこくみてねを送らないようにしましょう。

 

【必見】「みてね!」を効果的に使ってみよう!

ここからは「みてね!」の効果的な使い方について紹介していきます。みてねにはあまり効果はないと言われることもありますが、使い方をちゃんと考えれば効果はあります。

 

どのような相手に、どのようなタイミングでみてねを送るのかが鍵になってきます。消費ポイントが多いため、見てもらえる確率が高いときに送りたいですよね。自分の印象を悪くしないように、また、ポイントを無駄にしないようにするためにはどうすればいいのか確認してみましょう。

 

あなたへの興味アリ?「足あと」をつけてくれている相手へ

足あとをつけてくれるということは、少なからず自分に興味を持ってくれているということです。その人にみてねを使うことでもう一度プロフィールを見てもらえるきっかけとなります。

 

興味があって足あとはつけたけど、ありがとうをし忘れてしまったなんてことはよくあよくあることです。そんなときにみてねが送られてくると、もう一度プロフィールを見て、ありがとうをしてくれることがあります。

 

もちろん逆の場合もあり、プロフィールを見たのにスルーされている可能性もあります。その場合は逆効果になってしまうこともあるので注意してください。

 

通知ありの「足あと」より「みてね!」でさりげなくアピール

pairs3

みてねのデメリットとして通知されないことを挙げましたが、逆に考えるとさりげなくアピールすることのできる機能でもあります。

 

通知される足あとだと相手には伝わりますが、頻繁にプロフィールを見に行っていることがわかってしまい、しつこいと思われてしまうこともあります足あとはポイントを消費しないので何回もつけてアピールしたくなる気持ちもわかります。

 

しかし、スルーしている相手からしてみれば毎日のように自分のページを見られるのは正直あまり気分のいいものではありませんよね。気付いてもらえない可能性もありますが、相手に悪い印象を与えないように気をつけましょう。

 

メインの【プロフィール写真】を変更したタイミングで!

みてねを送るタイミングとして一番おすすめなのは、自分のプロフィール写真を変更したときです。みてねで表示されるのはメインのプロフィール写真なので、このタイミングでみてねを送ると気になってもう一度見てくれる可能性が高くなります。

 

一度はスルーしてしまったとしても、新しいプロフィール写真が相手のタイプだったなんてことはよくありますよね。これは相手も同じで、一度いいねがきた相手でも、プロフィール写真がかわっただけで印象がかわることがあります。

 

メイン写真を変更するときは、なるべく女性受けするようなものがいいですね。もちろん写真を変えたからといって絶対に印象が変わるわけではありませんが、再度プロフィールを見てもらうことでマッチングにつながることもあります。

 

消費ポイント【 3pt→1pt 】に!キャンペーン中をねらおう

ペアーズでは不定期ですが、みてねの消費ポイントが1ポイントになるキャンペーンを行なっています。不定期なので自分の送りたいタイミングと合わないかもしれませんが、コスパを考えればこの期間に送るのがベストです。

 

ただし、このキャンペーンを狙ってみてねする人は多く、人気のある相手だとみてねを送ることができない可能性もあります。ポイントがたくさんある場合はいいですが、できれば次のキャンペーンまで待つのがベストです。

 

キャンペーンはいつくるかわからないので、どうしてもマッチングした理想の相手がいる場合には期間外で送っているのもいいでしょう。ですが、ポイントは高価で貴重なものだと頭に入れておいたほうがいいですね。

 

まとめ:「みてね!」は使い方によっては効果がある!

5いいね

「みてね!」はさりげなくアピールする機能ですが、使い方によっては自分を最大限にアピールすることができます。あなたを認識する回数を増やすこと、ポイントを消費することによって自分からの熱意を伝えることができればマッチング率はかなり上がります。

 

ただし、3ポイント以上ものポイントを消費することになるので、使い所を考えないとすぐにポイント不足になってしまいます。

 

課金しないで使えるポイントには限りがあるので、計画的に使わないと、いざ本当にマッチングしたい相手が見つかったときに使えないなんてことにもなり兼ねません。

 

ポイントが無駄にならないように気をつけながら、タイミングを見計らってみてねを使うようにしましょう。みてねを有効に使って、理想の相手とマッチングできるといいですね。

 

Pairsの公式サイトから申し込む!

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリー 一覧