【要注意】ペアーズ(Pairs)のオンライン表示について知っておくべき5つのポイント

婚活お役立ち情報

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

ペアーズに登録しているみなさん、今日も色々な人にいいね!をしたりメッセージを送ったりと、恋活・婚活に励んでいるのではないでしょうか。しかし、相手が無反応だと不安になりませんか?

 

単に忙しいのかもしれませんが、残念ながら自分だけがスルーされているという可能性もあります。ペアーズ上での「脈アリ」「脈ナシ」判定に役立つのがプロフィールに表示されるオンライン表示です。当記事ではオンライン表示について詳しく解説していきましょう。

 

【基本】ペアーズのオンライン表示ってなに?

はじめに、「ペアーズのオンライン表示とは何か」ということについて説明します。ペアーズでは「アクティブなユーザーかどうか」を見極めるための機能としてオンライン表示という仕様を用いています。

 

気になるユーザーが、今後アプローチする価値があるかどうか見極められるようになります。アクティブユーザーでなければ、せっかくいいね!してもスルーされる可能性が高いと考えます。すると、アプローチすることを控えますよね。

 

このような背景から、2往復以上やり取りを行ったユーザーのログイン時間は表示されないようになっています。このオンライン表示はプロフィール内に表示されます。

 

最終ログイン時間はオンライン、24時間以内、3日以内、1週間以内、2週間以内、1ヶ月以内、3ヶ月以内、3ヶ月以上のいずれかで表示されるようになっています。

 

Pairsの公式サイトから申し込む!

 

どこに表示される?プロフィールに表示される

このオンライン表示は、パソコンからログインするか、スマホからログインするかで表示される場所が異なります。

 

パソコン版だとプロフィールの左上に、スマホ版だとメイン写真の左下に、相手が最後にいつログインしたのかが表示されます。パソコンからでもスマホからでも、プロフィール画面を開くとすぐに目につく場所にオンライン表示されているのでわかりやすいです。

 

色が異なる丸マークの隣に、8種類に分類された最終ログインからの経過期間が「○日以内」などと表示されます。次項で細かく解説していきますが、大分類すると緑色がオンライン中、橙色が24時間以内、灰色が24時間以上となります。

 

相手がどの程度頻繁にペアーズを利用している会員なのか、色で一目でわかるように分類されているのです。

 

種類は8種類|丸いアイコンの色でログイン状態を確認

ログイン状態はプロフィール画面に表示されますが、丸いアイコンで時間別に表示されます。

 

まず緑の丸が付いているのは、今まさにペアーズにログインしている「オンライン中」のユーザーです。平日の日中はオンライン中ユーザーは少ないです。しかし、夜間や週末はこのマークになっている会員もよく見かけます。

 

橙色の丸は24時間以内にペアーズを使っていたユーザーです。アクティブユーザーの中では、橙色のユーザーが最も多いです。この色のユーザーも活用頻度は高いはずですので狙い目です。

 

灰色の丸は24時間以上ログインしていないユーザーです。さらにその人のプロフィールを開くと、3日以内、1週間以内、2週間以内、1ヶ月以内、3ヶ月以内、3ヶ月以上などの具体的な日数がわかります。

 

1週間以内くらいであればまだ望みはあるかもしれません。しかし、1週間以上ログインしていないユーザーは、基本的にスルーして良いでしょう。

 

仮にマッチングしたとしても、その後のメッセージのやり取りや個人的な連絡先交換までたどり着くのにかなり時間がかかる可能性が高いからです。

 

【注意】閉じただけだとログイン状態が続く

オンライン表示機能では、ペアーズのページを開いた瞬間にオンライン表示に切り替わります。スマホ版だとすぐにページを開けますので、頻繁にオンライン状態にしておくことをオススメします。アクティブユーザーと見なされ、いいね!がもらいやすくなるからです。

 

また、オフライン表示に切り替わるのは、ペアーズのページを閉じた時にオフラインとなります。しかし、スマホ版だとアプリを完全に終了しないとオンライン状態が続きますずっとオンライン状態だと業者か、それとも暇な人なのかと思われてしまいます。

 

ペアーズを開いている最中にLINEをチェックするなどすると、バックグラウンドでアプリが起動され続けます。こまめにアプリを終了させるようにしましょう。

 

【コラム】マッチング率を早めたい人はオンライン表示をチェック

便利なオンライン表示機能ですが、うまく活用することができればペアーズ婚活の力強い味方となるでしょう。気になる相手を検索する際、ログイン状態に注目してみるとマッチングまでの近道となることがあります。

 

例えば、そのユーザーの最終ログインが3ヶ月以上前だとしたら、いいね!を送ったりメッセージを送っても、返事が返ってくるかわかりませんよね。どれだけ気に入ったユーザーだとしても、マッチングの可能性が低ければアプローチすることを躊躇してしまいます。

 

特に男性は利用料金が発生しているので、無駄になる可能性があるアプローチは避けるはずです。ログイン状況に注目して検索し、アプローチすることが早期マッチングのコツです!

 

【必読】オンライン表示について知っておくべき5つのポイント

ここまではオンライン表示の概要について解説してきました。続いてはこの便利な機能を活用するにあたって、知っておくべき5つのポイントについて説明します。

 

ペアーズのオンライン表示は相手の最終ログインからどれくらい時間が経過しているかを示す機能です。マッチング後の自分への対応が相手にとってどの程度優先してくれているものなのか確かめることもできます。そんなオンライン表示の注意点やポイントをお伝えしていきます。

 

①メッセージを2往復するとオンライン表示が消える

ペアーズのオンライン表示は、先ほども述べたようにそのユーザーがアクティブユーザーかどうかを見極めるための機能です。

 

そのため、2往復以上やり取りを行ったユーザーのオンライン表示は表示されないようになっています。マッチング後やり取りが続いた相手の最終ログインは確認できないことを覚えておきましょう。

 

理由としては、やり取りが続かなくなった相手からログイン状態を探られるなどストーカー対策として行われていると考えられます。

 

どうしてもオンライン中か確認したければ、アカウントを新たに作れば相手のオンライン表示を知ることができます。しかし、ストーキング行為にはなってしまいますので、エスカレートしないようご注意下さい

 

②2週間程度でオンライン表示が復活 

このように、2往復以上やり取りを行ったユーザーのオンライン表示は表示されなくなります。オンライン表示はあくまで「アクティブユーザーかどうかを見極めるための機能」であるからです。しかし、2週間程度経つとプロフィール上のオンライン表示が復活し再表示されます。

 

どうやら、一定期間メッセージがないとオンライン状態が再び表示されるようです。先ほども説明したように、2往復以上やり取りを行ったユーザーはもはやログイン状態はわからなくてもやり取りを行っているのでこの機能が不要となります。

 

しかし、やり取りが続かなくなってしばらく日数が経過した場合は、「親密ユーザーではない」と判断されます。そしてまたオンライン表示がされるようになるのです。

 

③オンライン表示でメッセージ放置が丸分かり

以前は2往復以上やり取りを行ったユーザーのオンライン表示が表示されなくなった以降、その相手のオンライン表示は見れなくなるようになっていました。

 

しかし、現在は仕様が変更されているようです。その後2週間程度やり取りが続かなかった場合はオンライン表示が復活し、再度表示されるようになっています。

 

そのため相手からのメッセージを無視し続けていると、オンライン表示が再表示された頃に、バレてしまいます。「ペアーズにログインしているみたいだけど自分のメッセージは無視したのだな。」と放置していることがわかってしまうのです。

 

もしそのことが相手に伝われば、好感度は下がり再度やり取りが復活する可能性は低くなるでしょう。

 

④ずっとログイン状態だとサクラだと勘違いされる

「ずっとオンライン表示となっているユーザーは、サクラの可能性が高い」と解説するサイトもあります。サクラは、時間さえあればいつもカモなる人を探しています。

 

常にアプリを利用して多くの人にアプローチをかけて仕掛けており、ログイン状態が続いていることもあるからです。

 

しかし、いつもオンライン表示となっている人が必ずしもサクラの可能性が高いというわけではありません。スマホからペアーズにログインしている場合、アプリを開いたままタスクを完全に終了していないとログイン状態が続きます。

 

そのため、サクラではなく単純に「アプリを終了していないだけ」とでも、頻繁に「オンライン中」になっているユーザーもいる可能性があります。

 

⑤使いこなせば、アクティブユーザーとして好印象

pairs3

オンライン表示はメリットもデメリットもある機能です。しかし、上手く使いこなせばペアーズでの恋活・婚活の心強い味方となり得るでしょう。

 

と言いますのも、やはりオンライン表示が緑の「オンライン中」や、橙色の「24時間以内」という表示は、「私は今まさにペアーズを積極的に活用し出会おうとしていますよ」という意思表示に捉えられるからです。

 

ペアーズに登録している人は、程度は違えど皆異性探しをしたくて登録しています。反応が鈍い、遅そうなユーザーよりも、テンポよく展開していきそうなアクティブユーザーの方がアプローチに適していると考えるのも当然です。

 

アプリに取り憑かれすぎるのも本末転倒ですが、こまめにログインし「アクティブユーザーである」ことをアピールしていきましょう!

 

【コラム】気にしすぎは失敗の元|オンライン表示はあくまで目安

気になるユーザーからの反応が遅いと気になってしまい、何度も相手のプロフィールを覗きに行ってしまうかもしれません。

 

しかしオンライン表示はあくまで、「アプローチ段階でアクティブユーザーかどうか見極めるための機能」で目安に過ぎません。そのため、絶対に気にしすぎない方がいいです!

 

ペアーズでマッチングやメッセージをやり取りしている段階では、決して相手を「好き」なわけではなく、「なんとなく良さそう」という印象くらいであるはずです。

 

気にしてモヤモヤしているくらいであれば、1人でも多くのユーザーにアプローチをして活動の分母を上げる方が有意義ではないでしょうか?1人に執着する傾向は特に男性に多いですが、2通・3通とメッセージを送り続けてもむしろ好感度は下がる一方ですから控えましょう。

 

オンライン表示って非表示にできる?有料会員になれば可能

2通以上やり取りをしている相手以外の全ユーザーに対してもオンライン状態を非表示にしたい場合、オフラインモードを使うことをオススメします。オフラインモードを使うと、最終ログインが1週間以内に固定されるのでおすすめです。

 

男性の場合はプレミアムオプション、女性の場合はレディースオプションへの有料加入でオフラインモードの設定が可能となります。

 

オプション料金はApple ID、Google Play、クレジットカードの場合でそれぞれ異なります。1か月利用の場合、プレミアムオプションは2980円~4100円、レディースオプションは2900円~3500円となります。

 

安い料金ではないですが、オフラインモード以外にもメリットはありますので気になる方は調べてみてください。

 

オンライン表示を隠すメリット|こっそり恋活・婚活ができる

オンライン表示を隠す設定をすると、最終ログインは常に「1週間以内」と表示されます。その状態のままいいね!を送ったり、メッセージのやり取りができるので、こっそり恋活・婚活ができます

 

ペアーズでは、マッチング後ある程度やり取りを続けるとLINEなどの個人的な連絡ツールへ移行されることが一般的です。

 

それでもなお直近にペアーズへログインしている表示がされると、「自分とLINE交換したけど、まだペアーズで相手を探しているのかな」と思われてしまい、好感度が下がる可能性があります

 

反対に、最終ログインが1週間以上前であれば、もうペアーズは活用していないユーザーと見なされアプローチされる機会がグンと減ってしまうでしょう。1週間以内であれば、新規ユーザーから新たにアプローチしてもらえる適度な最終ログイン期間と見てもらえます。

 

オンライン表示を隠すデメリット|プロフィールの注目度が下がる

オンライン表示は、人によっては「なんだか監視されているみたいで嫌だ」と感じるかもしれません。一方で、オンライン表示を隠すことで「プロフィールの注目度が下がる」というデメリットもあります。

 

オンライン表示をオフにすると、最終ログインは常に「1週間以内」に固定されます。めっきりアプローチされなくなるほどの日数ではないのですが、やはり「オンライン中」や「24時間以内」のユーザーと比較するとアプローチする側の優先順位は下がってしまいます。

 

「マッチング率が上がりレスポンスが早いのは24時間以内のユーザーなので緑か橙色のログインマークのユーザーにアプローチしましょう!」とするサイト解説もあるほどです。オンライン表示のオンオフの切り替えは簡単にできますので、上手く使い分けましょう。

 

【裏ワザ】非表示の人がログインしたか知る方法

現状では、オンラインを非表示にしているユーザーのログイン状態を知ることまではできません。プレミアムオプションを追加するなど、課金をしてもできないようになっています。

 

そのため、あくまで推測をしていくしかないでしょう。その方法として2種類の方法が挙げられます。

 

1つ目はプロフィール内容や写真に変化がないかを確認すること、2つ目はいいね!数に変化がないかを確認することです。プロフィールの内容や写真を変更するには当然ペアーズにログインすることとなります。

 

また、いいね!数が以前より増えていれば、ログインしているだけでなく自分以外の異性ともマッチングしメッセージのやり取りを始めているのだろうと考えられます。

 

まとめ:ペアーズのオンライン表示のまとめ

本当に会えるの?aocca(アオッカ)利用者の口コミ

このように、ペアーズのオンライン表示では2往復以上やり取りが続くと自動的に非表示となります。また、有料オプションとなりますがオフラインモードを活用すれば全ユーザーに対して最終ログインが「1週間以内」の表示に固定できます。

 

しかし、ログイン状態はやり取りが続けば自動的に消えるためそこまで気にする必要はないかもしれません。もしもストーカー化してきた人がいたとすれば、ブロックしてしまう方が簡単です。

 

オンライン表示に気を取られすぎては積極的に出会いを探すのが難しくなるかもしれませんので、気楽に活用していきましょう!

 

Pairsの公式サイトから申し込む!

 

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリー 一覧