ペアーズ(Pairs)のプライベートモードとは?メリット・デメリットを紹介

婚活お役立ち情報

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

男女の出会いは多様化してきており、合コンや友達の紹介といったものから、インターネットを駆使して気軽に出会う方法もあります。それが恋活サイト「ペアーズ(Pairs)」です!

 

ペアーズはFacebookアカウントによる登録、もしくは電話番号認証による登録で気軽に婚活を始めることが可能です。ペアーズにはプライベートモードという、ユーザーのプロフィールの公開状態をコントロールできる機能があります。

 

この記事では、ペアーズのプライベートモード機能を利用することによるメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしてみてください。

 

プライベートモードとは?有料の【身バレ防止機能】のこと

身バレ防止

ペアーズのプライベートモードとは“知り合いにペアーズを利用していることがバレるのを防ぐ”機能です。不特定多数の相手に自分のプロフィールを閲覧されることに抵抗があったり、Facebook上で友達ではない知人に、自分のプロフィールが公開されないようにしたい方におすすめです。

 

プライベートモードは1580円~2480円/月の有料サービスとなります。プライベートモードを利用すると自分が「いいね!」をした相手マッチングした相手にのみ、自分のプロフィールが見せることが可能になります。

 

これにより、友人や知り合い、恋愛対象外の異性に自分のプロフィールを見られる心配が無くなります。プロフィールモードは検索や足あとでバレる可能性が無くなりますので、身バレ防止に有効です。

 

Pairsの公式サイトから申し込む!

 

男女どちらも利用可能!プライベートモードの機能について

男女ともに

身バレ防止に役立つプライベートモードには男女で使える4つの基本的な機能があります。不特定多数の人から、自分のプロフィールを非表示にできます。

 

自分が「いいね!」した相手か、マッチングした相手にだけプロフィールが公開されるように設定できるので、知人にバレたくないという人はぜひ利用してみてください。

 

1.「検索画面」「コミュニティ参加者一覧」に表示されない

プライベートモードの設定をオンにすることにより、「検索画面」と「コミュニティ参加者一覧」に自分のプロフィールが表示されなくなります。

 

不特定多数の人からプロフィールを見られることの不安や、友人・知人にバレることが嫌な人には向いている機能です。マッチングして、既にメッセージのやりとりをしている相手に集中するのにも便利な機能だともいえます。

 

Facebookのアカウントで登録しても、Facebookの友達は表示されないので、Facebookから身バレすることはありません。コミュニティ参加者一覧にも表示されなくなりますので、好きなものや趣味などから特定されることもなくなります。

 

2.「いいね!」した相手だけに表示される

プライベートモードは自分から「いいね!」した相手にだけプロフィールが表示されます。不特定多数の人から「いいね!」を貰って、「いいね!ありがとう」を返すのが嫌だという人にはおすすめの機能だといえます。

 

女性は男性よりも「いいね!」を貰う数が多く、すべてのメッセージを見て、「いいね!」に反応することはほぼ不可能です。自分のプロフィールを不特定多数の異性から見られることを防ぎ、自分が気に入った相手とのやりとりに集中したい方にもおすすめです。

 

友人や知人へ「いいね!」を間違えて送ってしまい、マッチングが成立してしまうと自分のプロフィールが見られてしまい、身バレするので注意が必要になります。

 

3.「足あと」機能がオフになる

プライベートモードを利用すると、相手のプロフィールを閲覧しても、自分の「足あと」がつかなくなります。「いいね!」をしなければ、相手に自分の存在がバレないので、相手のプロフィールをしっかり確認することができます。

 

友人や知人がペアーズの利用を発見した場合、プロフィールを閲覧しても「足あと」がつくことはありませんので、自分がバレるリスクを抑えることが可能です。

 

「いいね!」をするか気になる異性がいた場合、すぐに「いいね!」をするのではなく、お気に入りに追加することをおすすめします。気になる異性のプロフィールを何度閲覧しても、自分の「足あと」がつかないので、相手にバレることはありません。

 

気になる相手のプロフィールをじっくり吟味して、慎重に「いいね!」を送ることが可能になります。

 

4.「いいね!した相手一覧」や「お気に入り一覧」に表示されない

プライベートモードは異性が自分の事を「いいね!」した場合、お気に入り登録している場合にも効果があります。相手からの「いいね!」などがあっても、「プライベートモード利用中」という表示に切り替わり、自分のプロフィールを相手に見られることを防ぎます。

 

相手からの行動により、自分のプロフィールが表示されないことがプライベートモードの強みだといえます。自分から「いいね!」を相手に送らない限り、自分のプロフィールが知られることはありません。

 

プライベートモードをオフにしてしまうと、「プライベートモードを利用中」が解除されてしまい、自分のプロフィールが表示されてしまうので要注意です。

 

プライベートモードのメリットとは

ペアーズはFacebookアカウントで始めることができる手軽さがありますが、Facebook上で繋がっていない知人に身バレする可能性があります。プライベートモードではそんな知人にも、ペアーズ利用がバレないメリットがあります。

 

プライベートモードはオン・オフの切り替えができます。オフにすることで通常会員と同じ状態になり、不特定多数の人からプロフィールを見てもらう事が可能になります。

 

一度プライベートモードを使ってみて、解除をしても、プロフィールを非表示にする権利を持ち続けられます。

 

身バレ防止の強化!Facebookではカバーできない知り合いまで

pairs3

ペアーズはFacebookアカウントでログインすることもできますが、Facebook上の友人にペアーズ利用がバレません。ペアーズ利用がバレないのは、Facebook上の友人までであり、Facebook上で知人程度の人にはバレる可能性もあります。

 

そこで利用したいのがプライベートモードです!プライベートモードは自分から「いいね!」を送り、マッチング成立しなければ、相手から自分のプロフィールを見られることはありません。

 

プライベートモードを利用することで、Facebook上の知人からプロフィール閲覧に制限がかかりますので、身バレを確実に防げます。Facebookアカウントでペアーズを利用し、身バレに不安がある人はプライベートモードを活用するのも良いでしょう。

 

使いたいときだけでもOK!「オン」「オフ」が切り替え可能

プライベートモードを利用することで、身バレをほぼ確実に防げます。しかしながら、不特定多数の人からプロフィールを見られることが無くなるので「いいね!」をもらう事が激減してしまいます。

 

プライベートモードは利用したい時にオン利用したくない時にオフに切り替えできる機能もあります。プライベートモードをオフにすると、自分のプロフィールが公開されてしまいますので、オフにするタイミングには注意が必要です。

 

特定の人からプロフィールを見られたくないのであれば、ペアーズには「ブロック」機能もあります。プライベートモードをオフにすることで、プロフィールを非表示にする権利を持ち続けることも可能になります。

 

プライベートモードのデメリットとは

デメリット

プライベートモードの大きなデメリットは2点あります。

 

  1. 「いいね!」が貰えなくなり、マッチング率が大幅に減少します。
  2. プライベートモードは別途料金が発生し、男性会員の負担は大きくなります。

 

プライベートモードの利用により、身バレを防ぐメリットはありますが、自ら出会いのチャンスを狭めてしまうデメリットにもつながります。

 

男性は有料による月額料金とプライベートモード利用料として、二重で料金が掛かりますので、経済的な負担は大きくなります。

 

「いいね!」がもらえない…マッチング率がDOWN!

プライベートモードを利用すると「いいね!」が貰えなくなりますので、マッチング率が落ちますこれはFacebook上の友人だけでなく、全ユーザーからプロフィールを見られなくなるからです。

 

ペアーズに登録したての人がプライベートモードを利用すると、自分のプロフィールが公開されていないので、「いいね!」がまったく来ない状況になってしまいます。

 

プライベートモードを利用するのは、「いいね!」をある程度貰って、特定の人とのやりとりに集中したい場合がおすすめでしょう。

 

プライベートモードでは「いいね!」がほぼ貰えなくなりますので、自分から積極的に「いいね!」を送る必要が出てくるので、より積極的に婚活に取り組まなければなりません。

 

料金が高い…男性は月額会員料金もあるので負担大

ペアーズの利用において、女性はほとんどの機能をほぼ無料で使えるのに対し、男性は有料会員でないとほとんどの機能が使えません

 

男性はプライベートモードを利用すると、月額での有料サービスとプライベートモードの二重で料金が発生するので、割高感が否めない点があります。アプリ決済とクレジット決済によっても、プライベートモードは価格が変わる点も注意が必要です

 

プライベートモードに課金せず、その分を他のマッチングアプリや婚活サイトに注ぎ込んだ方が、出会いのチャンスは増えると思います。プライベートモードを割高と捉えるか、身バレを防げるから安いと捉えるかは、自分の価値観によるところになるでしょう。

 

【お悩み解消】プライベートモードはこんな人におすすめ

おすすめ

  • 不特定多数の人に自分のプロフィールや写真を見られたくない人
  • Facebook上の友人ではない知人に、ペアーズを利用していることがバレたくない人
  • 自分から「いいね!」を送り、好意を示した相手にだけ自分のプロフィールや写真を見せたい人
  • マッチングが成立し、すでにメッセージのやりとりをしている相手に集中したい人

 

このような人にはプライベートモードの利用がおすすめです。ペアーズを利用する上で、周囲の人に身バレするのを避けつつ、自分のペースで恋活をしたい人にはプライベートモードは最適です。

 

プライベートモードは自分が気に入った相手にだけ自分の情報を公開できるので、マッチングアプリ初心者にも安心感を与えてくれます。

 

プライベートモード機能を利用する際の注意点

プライベートモード機能を利用する上での注意点は、相手から「いいね!」が来なくなるだけではありません。プライベートモード機能は自動更新となりますので、不要になったら、単体での別途解約が必要になります。

 

プライベートモードを利用せずに、不特定多数の人から身バレするリスクを抑える方法があります。プライベートモードに加入する前に、本当に必要かどうかを踏まえた上で利用し解約手続きを忘れずに行なうことが重要です。

 

自動更新制度!退会時は別途【解約手続き】が必要

プライベートモードを利用し、解約する際には別途で解約の手続きが必要になります。もし解約を忘れてしまうと、同期間分のプライベートモード利用料が発生してしまいます。

 

プライベートモードはペアーズの無料・有料会員問わず、オプション機能としての一環ですので、単体での契約になります。プライベートモードは自動更新となりますので、不要に感じたら、解約手続きを忘れずに行うようにしましょう。

 

気に入った相手とマッチングが成立すれば、プライベートモードも不要になりますので、利用を継続することもなくなります。そもそも利用していないのに、お金を払うのはもったいないですからね。

 

足あと設定やブロックなど他機能でも【代用可能】

ペアーズは「足あと」をつけない設定であれば、通常会員でも可能です。事前に「足あと設定」から「足あと」を付けないようにしておけば、プライベートモードを購入利用する必要はないでしょう。

 

「足あと設定」は相手のプロフィールを閲覧した後では意味がありませんので、事前に設定をしておく必要があります。不特定多数ではなく、特定の人にプロフィールを見られたくないだけであればプライベートモードを利用する必要はありません。

 

自分のプロフィールを見られたくない人はブロックすることにより、相手からプロフィールを見られることがなくなります。不特定多数ではなく、特定の相手からプロフィールを見られるのを防ぐだけであれば、プライベートモードを利用する必要はありません。

 

「足あと設定」や「ブロック」機能を利用するだけで十分といえるでしょう。

 

まとめ:ペアーズのプライベートモードとは?メリット・デメリットを紹介

まとめ

プライベートモードは絶対に身バレしたくない人にはおすすめの機能です。不特定多数の人が利用しているペアーズでは、友人や知人も利用している可能性があります。マッチングアプリ初心者は、自分のプロフィールや写真が不特定多数の相手に見られることに不安感を募らせる方もいます。

 

身バレをほぼ確実になくすことが可能なプライベートモードは安心感を与える機能でもあります。プライベートモードは身バレしなくなるメリットはありますが、異性からの「いいね!」がこなくなるので、マッチング成立が遠のくというデメリットもあります

 

すでにマッチング成立しており、特定の相手とやりとりをしているのであれば、あまりデメリットを気にする必要はないでしょう。

 

プライベートモードを利用するにあたり、身バレをなくすメリット、出会いのチャンスを狭めてしまうデメリットを慎重に考えることが重要だといえます。

 

Pairsの公式サイトから申し込む!

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリー 一覧