マッチングアプリのサクラの特徴とチェックするべき5つのポイント

婚活お役立ち情報

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

イメージ

「マッチングアプリで本気で恋活したいけど、サクラに騙されたらどうしよう…」
「マッチングアプリで初めて会う人が業者じゃないか不安…」と思っていませんか?

どのマッチングアプリにもサクラや業者は少なからず存在します。とはいえ特徴や見極め方法を知れば、騙される心配はありません。

このページではマッチングアプリの悪質ユーザーの5つの特徴や、3つの対策などを紹介します。サクラを見極められたら婚活・恋活に集中できるので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそもマッチングアプリにサクラや業者はいる?

マッチングアプリにサクラはいる?
どれだけセキュリティ体制が厳重でも、全てのマッチングアプリには少なからずサクラが存在します。特に「基本無料のチャットアプリ」には要注意です。本人確認なしで手軽に始められるため、参入障壁がほぼなく、悪質ユーザーが非常に多いです。

また「ポイント課金制アプリ」にも注意しましょう。ポイントを消費して課金させるための巧妙な手口が横行しています。実際に素敵な女性とメッセージするために何度もポイントを購入し、100万円近く費やしたトラブルもあります。

一方近年話題の「月額料金制アプリ」はクリーンなので、サクラがほとんどいません。なぜなら基本的に登録には本人確認必須で、24時間の監視体制が敷かれているためです。また上場企業が運営するマッチングアプリも多く、安心して婚活・恋活に専念できます。

マッチングアプリのサクラの実態は?5つの種類

マッチングアプリの5種類のサクラの特徴
「マッチングアプリにはサクラが存在する」と一口にいっても、様々な種類のサクラがいます。マッチングアプリで多いサクラの種類は、下記5つです。

  • 運営が雇う「サクラ」
  • 他サイトの「業者」
  • ビジネスなどの「勧誘」
  • いたずら目的の「ネカマ」
  • 体目的の「ヤリモク・既婚者」

 

サクラに遭遇してトラブルに巻き込まれないために、まずは実態を知ることが大切です。5種類のサクラの特徴を紹介していきましょう。

1.運営が雇った「サクラ」

運営が雇ったサクラサクラとは、マッチングアプリを盛り上げるために運営が用意した偽ユーザーです。知名度の低いアプリや、ポイント課金制のアプリに多いです。

サクラの目的は、顧客の流出を防ぐためです。一般ユーザーになりすまして密に連絡を取り、ライバルアプリへの乗り換えを防ぎます。またポイント消費や追加課金させるために、無料会員に変わるギリギリのタイミングで甘いメッセージを送る悪質なケースもあります。

サクラの特徴は、とにかく甘い言葉を使ってくることです。特に性的なメッセージを何度も送ってくる場合は、サクラの可能性が高いです。また期限・ポイント切れ間近の時に、素敵すぎる会員からいいねやメッセージが来た場合も要注意です。

とはいえ取り締まりの強化で逮捕者が出たこともあり、2019年時点でサクラはほとんどいません。特に大手会社が運営したり、知名度の高い人気のマッチングアプリは、「サクラが0人」といわれています。

2.他サイトや自社サービスへ誘導する「業者」

他サイトへ誘導する業者運営元以外の業者は、一般ユーザーになりすまして他サイトや自社サービスへ誘導します。

業者の目的は自社サービスの会員を増やしたり、悪質サイトに登録させて高額請求することです。また援助交際やデリヘルなどの顧客を獲得するためのアダルト業者も存在します。

業者はある程度距離が縮まったタイミングで、「このアプリあまり見ないから…」などと理由を付けて他サイトへ誘導してきます。URLが送られてきたらほぼ確実に悪徳業者なので、絶対にクリックしないようにしましょう。クリックしただけで、高額請求される可能性があります。

また近年では業者の手口が巧妙化しており、一般人の写真を使って接触してくるケースが多いです。また一度LINEに移行してから他サイトへ誘導するので、慎重に見極めましょう。

3.ビジネスや宗教へ誘う「勧誘」

ビジネスなどに誘う勧誘運営元とは関係ない偽ユーザーが、マルチ商法や宗教、セミナーなどに勧誘します。勧誘の目的はやはり集客です。自身のノルマを達成するために、言葉巧みにしつこく勧誘してきます。実際に契約するために何度も会ったり、契約するまで帰さないなどのトラブルが多いです。

業者とは違って勧誘は本人が自ら登録しているため、見極めが困難です。また会うまではビジネスや宗教の話を一切せず、実際に会ってから勧誘するケースも多いため、非常に厄介です。

正直実際に会わなければ判断が難しいですが、ポジティブなメッセージを何度も送ってくる時は要注意です。また会う約束をする際に、第三者に会わせようとしたり、人の少ない静かな店で会おうとする場合は注意しましょう。

4.女性になりすます「ネカマ」

女性のフリをするネカマネカマとは男性が女性になりすまし、いたずら目的で連絡を送る悪質ユーザーです。またモテる男性のテクニックを学ぶため、女性になりすますケースもあります。お金を取られるなどの直接的な被害はありませんが、時間を無駄にしてしまいます。

芸能人レベルに可愛かったり、過度な露出のプロフィール画像なら、ネカマの可能性が高いです。Google画像検索で、ネットから拾った画像ではないか確かめると良いでしょう。またメッセージにも特徴があり、極端に可愛い絵文字や顔文字を使用します。

さらに性的な話題を仕掛けて面白がる傾向があります。性的な画像やメッセージを好んで送ってくるので、騙されないようにしましょう。

ちなみに男性に限らず、女性もネカマに遭遇する可能性があります。なぜなら女性同士で仲良くなり、性的な話や画像交換を要求して楽しむためです。

5.とにかくすぐに体を求める「ヤリモク・既婚者」

ヤリモクや既婚者ヤリモクや既婚者は、とにかくすぐに体を求める悪質ユーザーです。なりすましではなく本人が登録しており、詐欺などの被害には遭いませんが、本気で恋活するユーザーにとっては迷惑です。

ヤリモクや既婚者は比較的見極めやすく、数回のメッセージで会おうとするのが特徴です。デートの約束をする際に「家で会おう」「飲んだらホテル行こう」などのメッセージが来た場合、ほぼ確実にヤリモクか既婚者だと思って良いでしょう。

褒めるのが上手なのでついつい浮かれてしまいがちですが、本気で恋人を探しているなら会う必要はありません。とはいえ会ってみないと分からないので、会う場合はランチや夕方からのデートを提案してみましょう。

ちなみに恋人や妻がいた場合でも隠す傾向にあります。恋愛トラブルに発展するケースもあるので、見極めが重要です。

アプリのサクラの特徴は?5つのチェックポイント

マッチングアプリのサクラのチェックポイント
様々な種類のサクラが存在するため、知らずに騙されてしまう可能性があります。また自分は大丈夫だと思っても、クラの手口は巧妙化しているので注意が必要です。

とはいえサクラには共通点があり、下記5つをチェックすれば見極められます。

  1. プロフィール画像
  2. 自己紹介文
  3. 最初から数通以内のメッセージ
  4. やりとりの不毛さ
  5. URLの送信

チェックポイントを、具体例を交えながら紹介していきます。サクラの特徴を知れば、マッチングアプリで安心して恋活できるので、ぜひ参考にしてみてください。

1.目を惹くプロフ画像を使っている

サクラに多いプロフ写真サクラを見極めるために、まずはプロフィール画像をチェックしましょう。サクラは多くのユーザーとマッチングできるよう、魅力的なプロフ画像を使用する傾向があります。特に下記5つのプロフ画像には要注意です。

【サクラに多いプロフ画像5つ】

  • 芸能人レベルのイケメン、美人
  • 水着や下着などのセクシーな写真
  • 札束やタワーなどゴージャスな写真
  • 神社や森など自然のみの写真
  • LINEなどのQRコード

 

容姿端麗な人や過度な露出写真など、現実での出会いに困っていなさそうなプロフ画像は、サクラの確率が高いです。特に運営が雇うサクラや業者、ネカマに多いです。またお金や自然などの幸運を呼びそうな画像のみの場合、ほぼ確実に勧誘なので注意しましょう。

ただし一般ユーザーの可能性も否定できません。そこでGoogle画像検索をかけることをオススメします。サクラはネットから拾った画像を使用しているケースが多いので、ヒットするかどうかで見極められます。

なおQRコードが掲載されたプロフ画像は業者なので、絶対に読み込まないでください。

2.自己紹介文に怪しさがある

サクラの自己紹介文の特徴

プロフ画像だけで判断できない場合、自己紹介文もチェックしましょう。サクラの自己紹介文は特徴的なので、見極められる可能性が高いです。下記7つの特徴があれば注意しましょう。

【サクラの自己紹介文の特徴7つ】

  • 極端に短い、自己紹介文がない
  • テンプレート文である
  • 「今から会える人ー?」などすぐ会えることをアピール
  • 「Gカップ」「マッチョ」などスタイルをアピール
  • 「人生が変わった」など前向きなキーワードが多い
  • 「ビジネス・投資」などお金関係のキーワードが多い
  • URLのリンクが掲載されている

 

真剣な出会いを探す一般ユーザーは、自分をアピールするために自己紹介文を入念に書きます。しかしサクラは騙すのが目的なので、露骨な内容が多いです。文章の量や遊びを匂わす内容、勧誘系に多いキーワードをチェックして、サクラかどうか判断しましょう。

3.数通のメッセージですぐに会おうとする

すぐ会いたがるメッセージに注意

プロフ画像と自己紹介文をチェックすれば、大抵のサクラは見極められます。しかしサクラの手口は近年巧妙化しているので、もしかしたら知らないうちにマッチングしてしまっているかも知れません。

そこでメッセージ内容で見極めましょう。特に初回メッセージ、数通のやりとりで会おうとしてくる場合、確実にアダルト業者かヤリモクです。「駅に着いたら電話して」「家で会おう」と、場所の指定があれば間違いありません。はっきりと断るか、無視して会わないようにしましょう。

なお性的な気分にさせてから誘うケースもあります。例えば性的な画像を送ってきたり、「スタイルいいね」など過剰に褒めてくることがあります。一般ユーザーはそもそも性的なやりとりをしたがらないので、ついつい流されないように注意が必要です。

また「終電が無くても車で送り迎えするよ」「今ちょうど近くにいるからどう?」など、やりとりの流れで自然に誘うケースも多いです。どれだけ自然な流れであっても、急に会いたがること自体が不自然なので注意しましょう。

4.不毛なやりとりでメッセージを長引かせようとする

不毛なメッセージのやりとりに注意「メッセージが長く続いているから安心」と思っていませんか?メッセージを長続きさせて、ポイント消費や期限延長を煽るサクラが存在します。運営が雇うバイトの可能性が非常に高いので、下記5つの特徴をチェックしてみてください。

【やりとりを伸ばしたがるサクラの特徴5つ】

  • 自分の質問に中々答えない
  • 話題をコロコロ変える
  • 性的なメッセージを率先して送ってくる
  • 「○○の画像を送る」といって違う画像が送られてくる
  • 会う約束をしたにも関わらず、時間や場所を中々決めない

 

メッセージをダラダラ続けるのが目的なので、会話が噛み合わない・焦らして答える傾向があります。また繫ぎ止めるためにLINEの交換や会う約束こそしますが、IDや具体的な日時は絶対に答えません。「何か話がズレるな」と思ったら、すぐにやりとりをやめましょう。

逮捕者が出たので減ってきていますが、まだまだ存在するのが現状です。ポイント課金制マッチングアプリを使用していたり、有料会員の期限が切れるタイミングでメッセージが来た時は注意しましょう。

5.他サイトのURLを送ってくる

URL付きメッセージに注意メッセージ中に他サイトのURLが送られてきたら、業者だと判断してください。他サイトへ誘導して収入を得たり、クリックで高額請求するのが目的なので、絶対にリンクを押さないようにしましょう。

ただしマッチングアプリ上で証拠を残さないように、近年はラインなどを交換してからURLを送ってくるケースが増えています。いずれにせよURLが送られてくるので、その時点でブロックするのが良いでしょう。

また誘い文句が巧妙なので騙されやすいですが、下記5つの口実には要注意です。

【業者がよく使う5つの口実】

  • 「このアプリあまり開かないから他で話そう」
  • 「○○の方が使い慣れてるからそっちで話そう」
  • 「もうすぐ退会するから連絡先を交換したい」
  • 「携帯を買い換えるから連絡先を教えて欲しい」
  • 「通信制限で連絡が遅くなるから他で話したい」

 

一般ユーザーとの見極めが困難ですが、URLが送られてくるかどうかで判断しましょう。

ちなみに他サイトへの誘導だけでなく、ビジネスや宗教の勧誘を目的とした偽ユーザーもいます。URLが送られてくるケースは少ないですが、相手が場所指定することが多いので、会わないようにしましょう。

サクラに騙されないためには?効果的な3つの対策

マッチングアプリでサクラに騙されないための対策
サクラの特徴や見極める方法を紹介しましたが、サクラの手口はどんどん巧妙化しているため、騙されてしまう可能性があります。また「サクラだと思って無視したのに本ユーザーだった…」と、チャンスを逃してしまうかもしれません。

そこでサクラ対策に効果的な下記3つの方法を紹介します。

  1. カマかけで見分ける
  2. 場所や時間を自分から指定する
  3. サクラの少ないマッチングアプリを使う

高確率でサクラに騙されない方法なので、安心して恋活したい方は必見です!

1.電話やカマかけでサクラじゃないか確かめる

プロフ画像やメッセージで判断できない場合、カマかけがオススメです。とはいえ「サクラじゃないですよね?」と聞いても、否定されてしまいます。そこで疑わしいサクラの種類に合わせて、各メッセージを送ってみてください。

サクラの種類 内容
運営のサクラ・ネカマ 好きなアクセサリーブランドや指のサイズを聞く
業者・ヤリモク・勧誘 「予定が詰まってて会えるのが先になる」と伝える

サクラとネカマにはブランドや指のサイズなど、女性しか知り得ない質問をするのが効果的です。検索すればわかりますが、徐々に面倒臭さを感じてあなたに連絡してこなくなるでしょう。

また業者やヤリモク、勧誘には「今は忙しいから会えない」ことを伝えましょう。すぐに会いたいサクラにとって、会うのが先になるのは致命的です。

なお電話で話すのもオススメです。サクラは電話をすると、正体がバレてしまうので極端に嫌います。また手間がかかるので、断ったり連絡が来なくなるでしょう。

ただし一般ユーザーにカマかけしてしまうと、逆に怪しく思われてしまいます。本当に疑わしい相手にのみ実践してください。

2.会う時は場所や時間帯を自分から指定する

時間や場所を指定する相手がサクラかどうかは、実際に会ってみるのが一番です。とはいえ会う場所には注意が必要です。

実際に相手が指定したバーに飲みに行ったところ、バーと相手がグルで、十数万円ぼったくられたケースがあります。また人の少ないカフェで勧誘され、「契約するまで帰らせてもらえなかった」との声も多いです。

そのためデートする場所は、お互い相談の上で決めましょう。また人の多い店や、交番が近くにある場所が好ましいです。もしも聞き入れてもらえない場合、相手が何か企んでいる可能性があるので、実際に会う必要はありません。

ちなみに勧誘などでは「友達も一緒に連れて行っていい?」と、先輩などを連れてくるケースもあります。人数が多いとどうしても飲まれる可能性があるので、断るか、自分も友人を連れて行くと良いでしょう。

3.サクラの少ないマッチングアプリを利用する

「サクラに騙されるのが不安…」という方は、サクラの少ないマッチングアプリの利用がオススメです。セキュリティがしっかりしたマッチングアプリなら、ほぼサクラは存在しないので、安心して恋活できます。サクラの少ないマッチングアプリを選ぶポイントは、下記5つです。

【サクラの少ないマッチングアプリの選び方5つ】

  • 月額料金制である
  • 登録に本人確認が必須である
  • 24時間の監視体制が敷かれている
  • 運営会社がハッキリと分かる
  • 知名度が高くて新規ユーザーが多い

 

本人確認必須の月額料金制マッチングアプリなら、登録のハードルが高いので、サクラが参戦しにくいです。仮に登録できても、24時間の厳重な監視体制で強制退会させることができます。そのためサクラはほぼいないと思って良いでしょう。

特にペアーズは免許証などでの年齢確認や、有効なFacebookアカウントでの登録など、本人確認が徹底されています。また人によるプロフィール監視が24時間行われており、対応が迅速です。会員数1,000万人を超えるほど多くのユーザーが利用しているので、安心して恋活したい方はペアーズがオススメです。

まとめ

マッチングアプリには、本気で出会いを探す人をターゲットにした悪質なサクラがいるのが現状です。特に魅力的なプロフィール画像や、すぐに会いたがるメッセージ、他サイトに誘導するURLには注意が必要です。実際に騙されて高額請求されたケースもあります。

とはいえ今回紹介したサクラの特徴や5つのチェックポイント、3つの対策を実践すれば、サクラに騙される可能性はほぼゼロです。電話を提案してみたり、ビジネスや性的なキーワードがないかで判断してください。またもしも会う場合、自分が指定したお店や、人の多い場所を選びましょう。サクラを見極められれば安心して恋活できるので、ぜひ実践してみてください!

※どうしてもサクラを見極められない時はサクラ対策が徹底したマッチングアプリの使用がオススメです。証明書による本人確認や、24時間の監視体制が徹底されたマッチングアプリなら、サクラがいないといっても過言ではありません。

実際に「マッチングアプリを変えただけで、サクラに騙されずに理想の相手に出会えた」という声も多いです。基本的にどのマッチングアプリも月額3,000円〜4,000円なので、コスパを考慮して思い切って変えてみましょう!

サクラの少なさで評判のマッチングアプリを紹介します。

【1位】ペアーズ…安心の24時間監視体制!1,000万人が利用する恋活・婚活アプリ

【2位】ゼクシィ縁結び…大手企業が運営の30代向け婚活アプリ!本当に出会えた人8割超え

【3位】with…上場企業運営の若者に人気の恋活アプリ!3つの監視体制でサクラを排除

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリー 一覧