既婚者の出会いサービスSepa(セパ)ってどうなの?お得な料金プラン・評判と注意すべき3つのポイント

婚活お役立ち情報

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

結婚すると異性の友人を新たに作ることが難しいといわれていますが、女性の友人も欲しいと思っている男性もかなり多いようです。配偶者ではない異性だからこそ、相談したり、楽しくお話できるという事もあるでしょう。

 

そんな異性の友人なんて作れるわけないよと思う方にお勧めしたいのが、セカンドパートナーの出会いのチャンスがある、「Sepa(セパ)」というマッチングアプリです。

 

Sepa(セパ)とはどういうアプリなのか、どんな風に利用できるのか紹介します。新しい素敵な出会いをつかむためにも、Sepa(セパ)についてよく理解していきましょう。

 

Sepa(セパ)とは?【セカンドパートナー】に出会えるサービス

Sepa(セパ)とは?【セカンドパートナー】に出会えるサービス

Sepa(セパ)は、既婚者同士の出会いの場を提供してくれる、新しいマッチングサービスとして注目されています。通常、マッチングアプリというのは結婚していない方の恋活や婚活に利用されるため、既婚者の登録は基本的にNGです。

 

ただ異性の友人が欲しいと思って登録したくても、既婚者はマッチング対象とならないため、どのアプリも登録できません。

 

そこで既婚者同士でも異性の友人を作るアプリ、Sepa(セパ)が誕生したのです。既婚者としての悩みを話したり、異性としてどう思うか?など奥様や旦那様のことについて相談したりできるのが、セカンドパートナーといえるでしょう。

 

ここが他サイトと違う!Sepa(セパ)のメリット

Sepa(セパ)を利用することのメリットですが、まず、異性の既婚者の友人を作り、配偶者には相談しにくい悩みを相談したり、共感できるという点です。異性の友人がいれば相談できるのにと思う事も、独身の異性には既婚者として相談しにくいでしょう。

 

またSepa(セパ)は、他のマッチングサイトのようにマッチングをしなければ、メッセージを送ることができないなどの制約もありません。

 

既婚者同士がセカンドパートナーを見つける際、自由度が高いマッチングアプリなのです。こうした気軽に利用できるという点なども、Sepa(セパ)の魅力といえるでしょう。

 

不倫ではない?異性の友達をつくれる

Sepa(セパ)は既婚者同士のセカンドパートナーを作るマッチングアプリですが、セカンドパートナーと聞くと、人によっては不倫相手を探すマッチングアプリ?と感じる人もいます。

 

しかしこのアプリは、不倫相手を探すという事ではなく、既婚者であり異性の友人を探すアプリです。既婚者となってから異性の友人となる人を探すのはなかなか難しいことでしょう。

 

このアプリには、既婚の立場でも異性の友人がいたら楽しいだろうな、色々と相談できるだろうなと思う人が集まっています。異性の友人を作る絶好のチャンスが、このSepa(セパ)にあるということです。

 

既婚者ならではの悩みを共感・解消できる  

結婚すると配偶者のこと、家庭のこと、子供のこと、それにお金のことなど、独身時代とはまた違う悩みが出てきます。

 

お金のことは配偶者に相談するとしても、配偶者自信のことについて、本人に話をするわけにはいきません。しかし配偶者は異性ですから、同性の友人に相談しても悩みが解決しないことも多いのです。

 

独身の女性に相談することができたとしても、独身女性ですから、既婚女性の気持ちがわかることも少なく、結局、誰にも理解してもらえない悩みとなってしまいます。既婚者の友人がいれば、既婚者であり異性だからこそ、いい解答をくれることもあるでしょう。

 

セカンドパートナーがいれば、悩みを相談したり、共感してくれてホッとしたり、心が楽になることも多くなるはずです。

 

マッチングなしでメッセージが送れる

マッチングアプリの特徴として、男性も女性も、まずマッチングをしてマッチした人の中から相手を選び、そこで初めてメッセージ交換ができるようになります。

 

つまり、マッチングする人の数が少なければ、メッセージ交換までなかなかたどりつけない人も出てくるのです。また多くのマッチングアプリでは、男性の場合、無料でメッセージを送ることができないというデメリットもあります。

 

Sepa(セパ)は、マッチングするという事がなく、気になる人へすぐメッセージを送ることができるアプリです。

 

この人、おもしろそうだなとか、この人友人になりたいなと思ったら、即「メッセージ」という行動を起こせます。また男性も無料で(毎月10回まで)メッセージを送ることができるのも、Sepa(セパ)のメリットでしょう。

 

登録方法・料金プランは?男性は定額制、女性は完全無料

Sepa(セパ)の登録をする際には、メールアドレス(フリーメールアドレスでもOK)と電話番号が必須です。

 

新規会員登録をクリックし、性別とメールアドレスを入れて送信、届いたリンクから下院登録を行います。入力必須個所へ全て入力し、確認画面でしっかり確認してから送信すれば登録完了です。

 

料金ですが、女性は完全無料、男性は無料でも利用できますが、使える機能に制限が付くので、やはり有料プランの方がいいでしょう。

 

男性の有料プランは、定額制プランのみで利用できるようになっています。ポイント制だと、思ったよりも使ってしまったという月もでてきますが、定額制なら追加料金もなく、月額料金以上はかかることもないので、安心して利用できるでしょう。

 

「電話番号」「メールアドレス」「本人確認書類」が必要

「電話番号」「メールアドレス」「本人確認書類」が必要

Sepa(セパ)では、新規登録の際、電話番号とメールアドレスが必須となりますし、本登録する際には、入会登録後、「本人確認書類」が必要です。本人確認書類が確認されないと、プロフィールの作成ができないですし、もちろんどの機能も諒することができません。

 

本人証明書類は、運転免許証・住基カード・健康保険証のいずれか一つが必要となるため、準備してから登録するようにしましょう。

 

ちょっと面倒かなと思う方もいるかと思いますが、本人確認ができているのは、こうしたマッチングアプリを安心して利用できるポイントでもあります。

 

【月額2980円~】クレジットカード払い or 銀行振込

男性の定額料金は、30日プランで4,980円、90日プランで11,940円(1ヶ月分3,980円)、180日プランで17,880円(月額2,980円)となっています。

 

30日プランでは4,980円ですが、180日プランは月額計算すると2,980円ですから、2,000円もお得です。お友達をたくさん作りたいと思う人や、見つけるのに時間がかかりそうという人は、長いプランの方がいいでしょう。

 

Sepa(セパ)は既婚者が集まるアプリなので、ネットバンクや電子マネーに弱い人も多いと思いますが、こちらの支払い方法はクレジットカードか銀行振込なので安心です。

 

シンプルな支払い方法も、このアプリの魅力といえるのかもしれません。定額料金でわかりやすくシンプルな料金体系も使いやすいアプリです。

 

セカンドパートナーを見つけよう!3つのコツ

Sepa(セパ)でセカンドパートナーを見つけるためにも、使える機能をしっかり理解し効果的に活用する方法を覚えましょう。素敵な既婚の友人を探すためのコツは複雑なことも、難しいこともありません。

 

3つのコツを理解していれば、素敵なパートナーを見つけることができるはずです。掲示板のどんどん利用すること、検索画面では目的を絞ること、そして気になる相手には迷わず足跡を付ける、この3つがポイントになります。

 

1.【掲示板】を積極的に利用しよう

Sepa(セパ)の掲示板は、短いアピール文章で自分を知らせることや、どんな友人が欲しいのか、目的を入れて掲載することがポイントです。

 

掲示板は、異性が自分のプロフィール画面に行かなくても簡単に自分を知ってくれるツールになります。手短でわかりやすい文章で自分をアピールすることが重要です。

 

時間がある方やゆっくり吟味したいという人は、検索からじっくりと素敵な人を見つけてアプローチしてもいいでしょう。すぐにでもお話ししたい、セカンドパートナーが欲しいという人にとって、掲示板は即効作用を期待できるいいツールになります。

 

どこの地域なのか、仕事は自営なのか会社員なのか、年齢はいくつなのか、こうしたことを見てもらえることも、掲示板のメリットです。

 

2.検索画面では、【目的】を絞ってみよう

検索画面を利用してじっくりセカンドパートナーを探す場合には、「目的」を明確に絞って探すことがポイントです。絞り込み項目としては、エリア、目的、年齢範囲というシンプルな項目になります。

 

ここでポイントとなるのが、異性も注目する出会いの「目的」なので、ここでどの目的にするのか、これをよく考えておく必要があるのです。

 

目的の選択肢は、すぐに会いたい・この日に会いたい・まずはメールから・ディナーに行きたいと実にシンプルな選択なので、目的が絞られていればその選択を探すのみとなります。

 

ここで気になる人がいれば、詳細検索を確認すればさらに8項目の選択肢をみることができるので、内容を確認して自分と合った人かどうかじっくり検討してください。

 

3.気になる相手には【足あと】をつけよう

足跡というのは、あなたのプロフィールを見ましたよという証拠を残していく行動になるので、イコールあなたのことが気になっていますよというアピールになります。

 

相手がつけてくれることもありますし、自分がつけることもあり、これが簡易的なコミュニケーションツールとなっているのです。いいなと思う人がいたら足跡を付けておく、そうすることで相手の方があなたのプロフィールを見てくれる可能性が広がります。

使い方は人によって違いがあり、とにかく容姿でも何でも気に入った人に足跡をどんどんつけていくのもOKです。

 

じっくりプロフィールを検索して内容を確認してから、相手を絞って足跡を付けてもいいでしょう。注意すべき点は、足跡を付けても反応がない同じ相手に何度も足跡をつけに行かないこと、さわやかに対応すべきです。

 

Sepa(セパ)を利用する際の注意すべき3つのポイント

Sepa(セパ)を利用する際の注意すべき3つのポイント

Sepa(セパ)は既婚者同士が気軽に友達を見つけられるマッチングアプリですが、メリットばかりではありません。素敵な異性と出会える可能性があるアプリも、注意して利用しないと配偶者にばれていらぬ疑念をもたれたり、家族にばれて嫌な思いをすることもあるのです。

 

そうしたことがないように、Sepa(セパ)を利用する上で注意すべき点を理解しておきましょう。注意すべき点は3つありますが、いずれもしっかり頭に入れて利用することが重要です。

 

・既婚者以外も実は登録できること

・家族や知り合いに身バレするかもしれないこと

・利用者、登録者数がまだ少ないこと

 

1. 実は【既婚者以外】も登録できる

Sepa(セパ)は既婚者同士の出会いの場を作るアプリとして注目されていますが、会員の中には既婚ではない人、つまり独身も含まれています。

 

既婚者同士じゃないじゃないかと思う方もいるかと思いますが、既婚者の中にも独身の異性と友達になりたい人がいるのです。逆に独身の中にも既婚者の異性の友人が欲しいと思う人がいます。

 

既婚者が独身の異性と友人になるってどうなの?と思う方もいらっしゃると思いますが、お互いに相談できる、楽しく話ができるという事であればアプリでの出会いもあります。

 

ただし、ご家族に心配をかけたり迷惑をかけるようなことがないように、しっかり考えて利用することが必要でしょう。色々な出会いがあることも、Sepa(セパ)の魅力ともいえるので、独身会員もいるということを頭に入れて、相手を探すようにすべきです。

 

2.家族・知り合いにバレる可能性がある  

どんなに身バレしないように気を使っているアプリやサイトでも、利用する方がしっかり身バレについて保護する気持ちを持っていなければ、身バレする可能性は十分あります

 

例えばプロフィールには写真を付けられますが、既婚者同士の出会いの場という事もあり、完全に個人を特定できる写真を利用している人は少ないです。

 

うちの家族がこんなところを見るわけがない、登録するはずがないと思って写真をアップしていたら、家族にばれたという事もあり得ます。

 

写真を利用する時には、サングラスをかけた写真を利用するなど、既婚者として十分に気を遣う事も必要です。また個人を特定できるような変わった趣味やスポーツなどをしている場合も、身バレする可能性があります。

 

プロフィールを詳しく書きすぎないようにすることも、身バレ防止に必須です。

 

3.利用者がまだ少ないことを理解した上で

Sepa(セパ)は新しく始まった既婚者同士のマッチングアプリという事もあり、一般的なマッチングアプリとは違い、会員数が何万人という事はありません。

 

利用者はまだ少ない状態なので、登録してから案外少ないなと思う事もあるでしょう。しかし今、会員数がそれほど多くない時だからこそ、セカンドパートナーを見つけやすいという事もいえます。

 

自分を見つけてくれる確率も高くなりますし、希望のセカンドパートナーを見つけられる確率も、数が少ない分高くなるわけです。

 

利用者がまだ少ないという事を理解すれば、それをプラスに利用することも考えられるでしょう。またこのアプリは注目されていますので、今後、利用者が多くなることも大いに期待できます。

 

まとめ: Sepa(セパ)でセカンドパートナーを探そう!

まとめ: Sepa(セパ)でセカンドパートナーを探そう!

既婚者同士、しかも異性の出会いを求めるなんておかしい!と思う方もいらっしゃると思います。そういう方でもパートナーとけんかをして、別の異性から意見を聞いてみたいと思う事もあるはずです。

 

隣近所の知り合いがいてもまさか、その人の夫や妻に聞くわけにもいかず、悩みをずっと持ち続けている方もいるでしょう。

 

Sepa(セパ)は、結婚している人が、結婚している異性の「友人」「セカンドパートナー」を探すことができるアプリです。不倫とか男女の関係目的という事ではなく、いつでも気軽に相談できる異性の親友を探す、そんな素敵な男女の出会いの場となっています。

 

仕事のことや、家庭のことなど、異性の意見が聞きたい時、セカンドパートナーとなってくれる人がいれば日々がもっと充実した毎日になるでしょう。そんな出会いの場を提供してくれるのが、Sepa(セパ) 既婚者同士の素敵な出会いアプリです。

 

 

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • HatebuHatebu
  • LINELINE

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリー 一覧